ヘタでも遅くても「堂々と」が基本! 初心者にこそ憶えておいてほしいサーキットでの「抜き方」「抜かれ方」 (1/2ページ)

ヘタでも遅くても「堂々と」が基本! 初心者にこそ憶えておいてほしいサーキットでの「抜き方」「抜かれ方」

サーキット走行で身に付けておきたいマナー

 一般道より安全といわれるサーキット。しかし事故が起きるときは起きる。その多くは追い越しの際に発生するといわれており、抜く側にも抜かれる側にも細心の注意が求められるのだ。安全かつお互いにスムーズな、抜き方および抜かれ方を知っておこう。

【関連記事】超過酷な「クロスカントリーラリー」に参戦! 静かで速い「アウトランダーPHEV」レース仕様が三菱本社ショールームで展示中

サーキット走行では、抜く側にも抜かれる側にも細心の注意が求められる画像はこちら

【抜かれる時】急いでラインを譲る必用ナシ

 単独でのクラッシュなら別に構わないってワケじゃないけど、サーキットでもっとも避けたいのは相手を巻き込む事故。お互いに気まずい思いをするのは確実だし、ケガを負わせたりすれば自体はもっと深刻だ。相手を危険な目に遭わせない安全な「抜き方」と「抜かれ方」は、サーキットを走る誰もが身に付けるべきマナーといえる。安全な「抜き方」と「抜かれ方」は、サーキットを走る誰もが身に付けるべきマナーといえる画像はこちら

 まずは「抜かれ方」の基本から説明しよう。初心者は自分が速くないことを自覚しており、過剰なほど他のクルマに道を譲る傾向が強い。後方に目を配るのは非常に良いことだが、譲る場所や方法によっては逆に危険なこともある。サーキット走行初心者は自分が速くないことを自覚しており、過剰なほど他のクルマに道を譲る傾向が強い画像はこちら

 よく見かけるのはベストなラインを空けるため、急にコースの右や左へ寄ったり動いたりブレーキを踏むパターン。コーナーでそんな操作をすればクルマは不安定になり、自分を追い越そうとしている相手だって戸惑ってしまう。なのでコーナーに対するアプローチに入ってからは、ラインを変えず後続車の動きをよくチェックし、立ち上がりの直線で先に行かせるのがセオリーだ。基本的には直線で先に行かせるのが抜かせる側のセオリー画像はこちら

 もうひとつ注意したいのはウインカーの使い方。大半のドラテク本やスクールは「自分が左に寄るなら左ウインカー、右に寄るなら右ウインカーを出す」と教えているが、ごく稀に「コッチ側から抜いて欲しいと意思表示しよう」と、上記と正反対の説明をしている場合がある。抜かれる時のウインカーは「自分が左に寄るなら左ウインカー」「右に寄るなら右ウインカーを出す」画像はこちら

 一般道で道を譲るときにそんな使い方は一般的にはせず、相手に意図が伝わりにくいし自分が操作を間違う可能性も少なくない。ローカルなルールとして定着しているサーキットがあれば別として、自分が寄る方向にウインカーを出したほうが絶対に安全なはずだ。自分が寄る方向にウインカーを出すのが一般的で安全なハズ画像はこちら

画像ギャラリー