サーキット初心者「女子」がいきなり富士スピードウェイに挑戦! 緊張と快感のライブリポート (1/4ページ)

サーキット初心者「女子」がいきなり富士スピードウェイに挑戦! 緊張と快感のライブリポート

ド素人女子の「いきなりサーキットデビュー」記

 皆様こんにちは。70ランドクルーザーとキャンプをこよなく愛す、自動車ライターの矢田部明子です。そんなアラサー女子の私が、今回はNAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)主催の富士スピードウェイ走行会に参加してきました。サーキット走行会ではボディ両サイドのドアにゼッケンシートを貼る画像はこちら

 サーキット走行に関しては初心者どころか、ぶっちゃけ高速道路でも80km/h以上のスピードを出すことは滅多にないというスペックの持ち主です。そんな私が「制限速度のないサーキットを走るなんて大丈夫なの?」と、不安と緊張により前夜は一睡も出来ずバッドコンディションでの参加となってしまいました……。不安と緊張により前夜は一睡も出来ずバッドコンディションでの参加となった画像はこちら

 また、このような走行会自体も初めてで、右も左もわからぬまま「サーキットを走ってみたいからとりあえず行ってみた」という表現がしっくりくる感じです。「走行会に行ってみたい」「サーキットを走ってみたい」と思っているけど今一歩踏み出せない、という方の参考になると嬉しいです。コースインを前に緊張気味の矢田部明子画像はこちら

「NAPAC走行会」とは?

 そもそも「NAPAC」とは「ASEA」と「JAWA」の2事業で構成された団体で、アフターパーツの振興を目的として毎年、サーキット走行会を開催しています。エントリー料金は1時間枠が2万1000円(早割1万9000円)、2時間枠が3万9000円(早割3万6000円)と決して安くはありませんが、富士スピードウェイの本コースを走行できるとあって、人気が高く予約がすぐに埋まってしまうこともあるのだとか。31回目の開催となる今回は、ソーシャルディスタンスを守りつつも多くのユーザーが参加しました。NAPAC走行会2020はソーシャルディスタンスを守りつつも多くのユーザーが参加画像はこちら

画像ギャラリー