クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • column

「column」の記事一覧

5代目オデッセイの後期型モデル

どこで道を間違えたのか? 時代を作ったホンダ・オデッセイが消滅に至るまでの歴史

全5世代のモデルが登場したオデッセイ。初代&2代目はミニバンブームを席巻する大ヒットを記録。3代目&4代目では大幅なコンセプト変更で走りのオデッセイをさらに極めた。最後の5代目では初のスライドドアを採用するもファンに惜しまれながらオデッセイの歴史に幕を閉じた。
プリメーラはツーリングカーレースシーンでも大活躍した

平凡な4ドアセダンだったはずの「プリメーラ」が後世に語り継がれる名車になったワケ

とびきりのパフォーマンスを備えていたわけでもなければ、完璧なスーパースポーツカーを目指したのでもない。社会現象となった高級リムジンとも違う。本当に平凡な4ドア・セダンだったのですが、クルマファンから高い評価を得ていた日産車が初代「プリメーラ」です。
ホンダS-MXのフロントスタイル

走るラブホとまで揶揄されたホンダS-MX! 改めてみたら「やっぱり」車中泊最強カーだった

1996年にデビューしたS-MX。意味深な場所にティッシュボックス置き場があったことから、走りの良さを訴求するホンダとの意図とは別にラブホ代わりが一人歩きしていった。つまり今で言えば理想的な車中泊仕様で最高のアウトドアカーになれるパッケージを備えていた。
初代プリメーラとランサーエボリューション3

「プリメーラ」と「ランエボ」が似ている!? ニッポンの名スポーツセダンの意外な共通点とは

バブル末期、急速に国産車の性能が向上。日産は901運動により欧州車にも負けない初代プリメーラを誕生させ、三菱はWRCのホモロゲモデルとしてランサーエボリューリョンシリーズを発売する。ともに4ドアセダンとしての実用性とスポーティな走りで多くのファンを魅力した。

エンジンまで手が入った「本格派」だらけのTRDコンプリートカー7選が見かけたら即買い必至だった!

トヨタのモータースポーツ活動やカスタムパーツ開発を担うブランド「TRD」。現在もGR86やノア・ヴォクシーといったさまざまな車種のパーツを手掛けている。かつて、魅力的なコンプリートカーも手掛け、カローラやMR-2などをベースに仕立てていた。

日本車なのに異国生まれ! ガイシャとも国産車とも違う魅惑の「逆輸入車」たち

かつて自動車メーカー自身が自社の販売車種に加えた、いわば“正規輸入の逆輸入車”があった。例えば、ホンダならアコード、トヨタならセプター、日産ならプリメーラといった「あったあった」と思える車種もあるはずだ。ここではあらためて逆輸入された日本車を振り返る。
エンジンのイメージ

フツーのクルマに反則級エンジン! メーカーが自ら手を出したエンジンスワップ車たち

昔から、チューニングの手法として定番のひとつとなっているのがエンジンスワップ。より高性能なモデルのエンジンを移植することで、手間はかかっても大幅なパワーアップが期待できるというもの。そんな手法を、自動車メーカーが採用したモデルもある。代表的な車種を紹介しよう。

「ベランダに横積み」「そのまま物置」はどちらもNGだった! タイヤの本当の保管方法4つ

降雪地域なら今の時期、ノーマルタイヤ(夏タイヤ)は保管中という方が多いかと思う。春になればスタッドレスタイヤを保管することになる。また、複数のタイヤをお持ちの方も、装着していないタイヤは保管中だろう。タイヤに優しい、少しでも傷めない保管方法を解説する。
share:

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS