86&BRZを300馬力仕様にするHKSスーパーチャージャー


手軽にパワーアップできるHKS製SCに
トヨタ86&スバルBRZ後期型用が登場

「HKS」の『GTスーパーチャージャーキット』は、手軽にビッグパワーを手に入れられるということで、前期型のトヨタ86&スバルBRZユーザーに人気となっているパーツである。
そして、ついに後期型トヨタ86&スバルBRZ用『GTスーパーチャージャープロキット(38万円)』が発売された。HKS

「HKS」の自動車開発部4課の淵沢朋史さんは「トヨタ86およびスバルBRZの前期型用と後期型用は、キットの構成自体に大差はありません。純正エアクリーナーボックスの形状が変更されているので、それに合わせてシリコンホースを追加しているぐらいです。ただしノーマルの制御部分が大きく変わっているために、フラッシュエディターのセッティングに時間がかかってしまいました」と話す。
厳密には、インマニのスロットル取り付け位置が少しだけ違うようだが、基本的には前期と大きな変更点はないようだ。

 

HKS

HKS HKS

それにしても上記グラフを見比べると、前期型と後期型でパワー&トルク数値的には大きく違う。
「ノーマルのインマニと制御部分の変更からだと思うのですが、結果的に後期のほうがパワー&トルクがいい数値になりました」と淵沢さん。
実際にクルマを試乗してみても、後期のほうがトルクが太く、高回転域での加速感が良くなっているように感じた。

ちなみにGTスーパーチャージャープロキットは、スーパーチャージャー本体、インタークーラー、サクションパイプ類という構成。装着する際には、別途フラッシュエディター(7万円)を購入する必要がある。

上記のSTEP1は、GTスーパーチャージャープロキット専用データが組み込まれたフラッシュエディター仕様だ。STEP2は、STEP1にさらにフューエルアップグレードキット(大容量インジェクター7万8000円)を加え、実車セッティングを施している仕様となっている。

HKS

S-TYPEオイルクーラーキット(フェンダー内設置タイプ・9万8000円)も後期型専用として発売された。こちらも若干パイプの取り回しが変更されている。

HKSでは、サスペンションやマフラーなど、その他パーツについてもトヨタ86&スバルBRZ後期型用をラインアップしてきている。今のところ前期型用パーツのすべてが装着可能というわけではないが、順次後期型用が登場してくる予定。
ノーマルのポテンシャルが高くなった後期型を上質なパーツでチューニングすれば、さらに良いクルマへと進化させることができるはずだ。

LEGAMAX Hi-Power SPEC-L(12万円)
HKS HKS

HKS TEL0544-29-1235 https://www.hks-power.co.jp

(レポート:大野田 諭 撮影:藤井元輔)