コスパの高い『ハロゲンバルブ』でドレスアップという選択


LEDやHIDがウケているなかで
色のバランスでハロゲンの人気が再浮上

ヘッドライトといえば明るく、見た目にも美しいHIDやLEDを選ぶというのがカスタムの定番となっています。
しかし、車種によっては明るすぎるヘッドライトばかりが強調されてしまい、ドレスアップにおいては逆効果になるケースも。適度な色温度で、白く明るいハロゲンタイプを選ぶというのがコスパも高く、じつはオススメだったりします。2_03

純正ヘッドランプのバルブは、以前に比べると明るくなり、寿命が長いHIDを採用した車種も増えています。さらに球切れがなく消費電力が少ないLEDを採用するクルマもあり、明るさやファッション性を求めるユーザーはこぞってLEDに換えるケースが多くなっています。

ところが、HID、LEDともにネックとなるのは価格で、1万円台から2万円を超えるものもあり、気軽に換えられるというものではありません。
そこで注目すべきはハロゲンタイプ。HIDやLEDに及ばないものの明るさは十分で、なおかつ好みの色が選べるという点からファッションで選ぶにもオススメできます。2_04

そんなハロゲンタイプのなかでも明るさとファッション性を考慮するなら4000K程度のものがいいでしょう。色は純正よりも白く、夜間の視認性は確実にアップ。そのうえヘッドライトが白く輝き、フロントまわりのスタイルもグッとよくなります。2_01

明るさを示す値であるK=ケルビンが高くなれば価格も相応にアップしますが、カーメイトがリリースしている「エアー4200K」は実勢価格が4000円前後。
白色光バルブの決定版という謳い文句通りの性能を発揮しながら低価格。まさに【コストパフォーマンスが高い】というのが売れ筋になっている要因といえます。2_02

ケルビン数が高いわりに【自社新製法によるロングライフ化】を実現している点。さらに信頼性の高い【日本製】というのも特徴としてあげられます。これらの要素もハロゲンバルブ選びのポイントになるはずです。

スポーツハロゲンバルブ売れ筋トップ5

順位前月

順位

メーカー/製品名実勢価格
11

カーメイト/BD430 エアー4700K H4

¥4,077
22

IPF/J52T SJB TIA 4200

¥2,362
3

IPF/J52 スーパーJビーム H4

¥1,980
43

カーメイト/1199 BD630 エアー4700K HB

¥4,077
54

カーメイト/07 BD1130 エアー4700K H11

¥4,077

オートバックス調べ

【関連記事】