650hpを発揮する「ランボルギーニ」のスーパーSUV、ウルスを発表


0-100kmを3.6秒で駆け抜ける
スーパースポーツ初の5シーター

「アウトモビリ・ランボルギーニ」は、第3のモデル『ランボルギーニ・ウルス (Lamborghini Urus)』を発表した。
ウルスは初のスーパーSUVモデルで、出力、パフォーマンス、ドライビング、デザイン、ラグジュアリーさにくわえ、日常での使いやすさを備えた、”ラグジュアリー・カー”のカテゴリーに新たな地位を確立。ラグジュアリーSUVであると同時に最もパワフルで、同乗者までもが楽しめる、スーパースポーツのダイナミズムを備える。ランボルギーニ ウルス Lamborghini Urus

心臓部は、新型のアルミニウム製4.0リッター/V8。ランボルギーニ初のターボエンジン(ツインターボ)を搭載し、最高出力650hp(6,000rpm)、最大トルクは850Nm(2,250-4,500rpm)を発生。
また、ボディはアルミニウムコンポジット設計により、このサイズのSUVとしては軽量な2,200kg(乾燥重量)。そのパワーウェイトレシオは、スーパースポーツの名にふさわしい3.38kg/hpをマークする。
結果、0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒。そして、最高速度は305km/hという驚異のパフォーマンスを持たせた。ランボルギーニ ウルス Lamborghini Urus

トランスミッションは、8速オートマチック。コンパクトで効率的な電気油圧式制御のプラネタリギアボックスは、極めて短いローギア比と長いハイギア比を実現すべく調整される。
駆動方式は、当然ながら四輪駆動システムで、あらゆる道路と地面、天候状態で、安全で応答性の高いドライビング・ダイナミクスを実現。独立したフロントとリアのアクスルに、標準40対60の比でトルクが配分され、70%の最大動的トルクがフロントへ、あるいは87%がリアへと配分され、路面との摩擦が大きくなることでアクスルへの牽引力を高める。ランボルギーニ ウルス Lamborghini Urus

他にも、アヴェンタドールSで導入されたリアホイールステアリングの採用。
ドライブモードに応じてウルスのサウンドやフィーリングが変化するよう、特別に開発されたエグゾースト・システム。さらに、ランボルギーニ初となる電気機械式アクティブ・ロール・スタビライゼーション・システムなど、走りも徹底的に磨き上げられている。ランボルギーニ ウルス Lamborghini Urus

ランボルギーニ・ウルス、2018年の春に第1号がデリバリー予定。
日本での価格は、25,740,000円(税抜き)となる。

全長×全幅×全高(mm)5,112×2,016×1,638
ホイールベース(mm)3,003
乾燥重量(kg)2,200
エンジンV8ツインターボ
排気量(cc)3,996
最高出力650hp(478kW)/6,000rpm
最大トルク850Nm/2,250-4,500rpm
最高速度(km/h)305
0-100km/h加速(秒)3.6
価格(税抜き) ¥25,740,000

ランボルギーニ・カスタマーセンター TEL0120-988-889
https://www.lamborghini.com