【なぜなんだ!】20年以上経過してもなお人気の高い”JZX系”マーII3兄弟の謎

マークII、チェイサー、クレスタ
JZX系ツアラーVの人気は衰え知らず!

 

トヨタの『マークII』『チェイサー』『クレスタ』が揃ってフルモデルチェンジし、いわゆる「JZX90系」へ生まれ変わったのが、1992年10月のこと。マークIIは7代目、チェイサーは5代目、クレスタは4代目にあたるモデルだ。
キャッチコピーは”日本を代表する高級パーソナルサルーン”。“サルーン”って表現がすでにガラパゴス状態だが、そんななかでも異彩を放っていたのが280psを発生する2500ccツインターボ・1JZ-GTEエンジンを搭載する”ツアラーV”の存在だ。ちなみに当時の新車販売価格は約320万円(税抜き)だった。
25年も前のことと考えれば、相当なプレミアムセダン(バブリーセダン)だったと言える。その後継となったのが「JZX100系」。登場は1996年9月。エンジンはBEAMSとなり、動力性能と省燃費を両立。
マークⅡ、クレスタ、チェイサー、ツアラーV、ドリフト、JZX100、1JZ-GTE100系になってから3兄弟のキャラは明確にわかれ、『マークII』が”普通のおっさん”なら『クレスタ』は”地味なおっさん”で、走り屋連中は『チェイサー』を選ぶのが常識だった(注:少なくとも私のまわりでは…ちなみに、なぜか『クレスタ』だけは「ルラーンG」という奇妙なネーミングのグレードとなった)。その頃、ストリートでのセダンドリといえば、RBエンジンを積むことでスカイラインのパーツを使える『セフィーロ』や『ローレル』などの「ニッサン」勢に押され気味。
マークⅡ、クレスタ、チェイサー、ツアラーV、ドリフト、JZX100、1JZ-GTEだが、280psの1JZ-GTEエンジンを搭載したJZX100のデカいボディが真横を向いて駆け抜けていくさまは、埠頭や峠のドリフトスポットでもめちゃくちゃカッコよくて、誰もが衝撃を受けた。とくに神奈川仕様なんて呼ばれてたベイエリアじゃ、ものすごい勢いでツアラーが増えていったそうだ。
しかし時代とともに、”FR””ツインターボ280ps””MTも選べる”なんておバカなセダン、いや夢のあるセダンも姿を消してしまった。だからこそ、今でもツアラーVに代わるクルマはないし、一度ハマってしまった者を虜にして離さないのだろう。中古車市場でも、MTでツアラーVのJZX系ともなれば、100万円以上はザラ。ちょいと程度がよければ、150万より上のプライスタグがつくこともしばしば。それでもすぐに買い手がつくのだから、ツアラー人気は今もなお衰え知らずだ。
マークⅡ、クレスタ、チェイサー、ツアラーV、ドリフト、JZX100、1JZ-GTE

そんなJZXツアラーの歴史から最新情報まで、1冊まるごと特集した雑誌『ストリートヒーローシリーズvol.2 JZX90/100/110ツアラー』が絶賛発売中(1500円)。
レジェンド13人が語る、”オレとJZX”、ショップやメーカーおすすめのチューニングメニューを紹介するコーナーなど、ツアラーファン必見の内容です。
お求めは全国書店または、
http://Fujisan.co.jp
http://www.kotsu-times.jp


画像ギャラリー