「SUBARU」の歴史を支えた『レガシィ』をクローズアップ&特別仕様『ブリッツェン』 (1/3ページ)

マリオ高野&井元貴幸の『歴代レガシィ』を探る。<3〜4代目編>

1989年の初代登場以降、「SUBARU」ブランドの繁栄とともに歩んできたといっても過言ではない『レガシィ』。最近でこそ、国内ではその存在感が薄れてきたとはいえ、みんなが愛する「SUBARU」のフラッグシップであることに変わりはない。
前回に引き続き、好き好きレガシィ団はレガシィの円熟期である3〜4代目をクローズアップしてみた。

【3代目レガシィ(BE型・セダン/BH型・ワゴン/ランカスター)】

レガシィ・ツーリングワゴンGT-VDC

プロフィール
1998年に登場した3代目レガシィはワゴンから開発をスタート。ミスターレガシィと呼ばれた桂田 勝さんが陣頭指揮を執り「レガシィを極める」をコンセプトに新環状骨構造ボディやマルチリンクサスペンション、VDCといった新技術を数多く採用したモデル。セダンにはB4のサブネームが与えられ、存在感をアップさせたことで従来モデルと比べ販売台数も大きく伸びた。3ナンバー全盛期に5ナンバーサイズを死守したことも多くのファンから支持された。

主なグレード構成

3ℓ……ランカスター6/RS30(セダンのみ)/GT30(ワゴンのみ)
2.5ℓ……RS25(セダンのみ)/250T/250T-B/ランカスター/ランカスターADA
2.2ℓ……ブライトン220(ワゴンのみ)
2ℓターボ……RS(セダンのみ)/GT-VDC(ワゴンのみ)/GT-B(ワゴンのみ)/GT-B Eチューン(ワゴンのみ)/ GT-B EチューンⅡ(ワゴンのみ)
2ℓ……RSK(セダンのみ)/TSタイプR(ワゴンのみ)/TX-S(ワゴンのみ)/ブライトン(ワゴンのみ)

★主要諸元

グレードツーリングワゴンGT-VDC
全長×全幅×全高 (㎜)4680×1695×1485
ホイールベース (㎜)2650
車両重量 (㎏)1510
エンジンタイプ水平対向4気筒DOHCツインターボ
排気量 (cc)1994
最高出力 (kW[ps]/rpm)191[260]/6000
最大トルク (N・m[㎏-m]/rpm)319[32.5]/5000
10・15モード燃費 (㎞/ℓ)10.6
トランスミッション4速AT
サスペンション 前/後ストラット/マルチリンク
ブレーキ 前/後ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 前・後205/55R16
車両本体価格 (税抜・万円)※当時279.8
スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター全グレードがAWD化。ワゴンとセダンの棲み分けが明確に

[マリオと井元のプチインプレ]

井元以下、井)この前に試乗した2代目から乗り換えると、急に最近のクルマ感が出てきますね。
マリオ以下マ)内装もグッと質感が上がってますね。今回はグレードがGT-VDCなので、さらに高級感あります。2代目からの正常進化を感じます。
井)車体剛性も上がりましたよね。当時、BGレガシィにタワーバーを装着したときは走りが激変しましたが、BHのときは元々の剛性が上がったので変化はBGほど感じられなかったんですよね。
マ)井元さん的には、剛性は高くなったけどスペックが同じかつ重くなったので、速さ的にはBGのほうが良かった?
井)そうですね。ただ、ラゲッジはすごい進化しました。個人的には機能面では歴代レガシィで一番いいかもしれない。

スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター
V字型に切れ込んだリアウインドウは後方視界を確保する0次安全のためにも貢献している。

マ)3代目はセダンの存在感も上がりましたよね。
井)サブネームにB4という名前がついたのもありますけど、リアビューがカッコよくなった影響もありますね。
マ)そういったところではワゴンの作り込みとセダンの作り込みの両方が、しっかりされているモデルといえますよね。
井)装備面では、歴代レガシィのなかでカップホルダーをどこにするかという苦悩が過渡期の時代ですね。オーディオの操作の邪魔にならないように試行錯誤した結果、コンソールとインパネの2カ所に分かれたんです。そういった部分を含めて、使い勝手はいろいろな部分で向上しましたね。
マ)初めてスバルの広報車に乗ったのが、この3代目最終型のGT-Bで、西新宿にある新宿スバルビルの駐車場のスロープを上がったときには興奮しましたね。クルマはこれ以上何も進化する必要すらないんじゃないかと。音、質感、乗り心地……すべてが乗用車の究極だと思いました。

3代目『レガシィ』は・・・

「初代よりもGCに近いものを感じる(マリオ)」
「トルクの谷間はあるけど走り出しは軽快(井元)」

スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター
リアサスがマルチリンクとなり、ラゲッジは一気に広くなった。

 

レガシィ初のSシリーズを設定!
レガシィ初のSシリーズはB4をベースに専用エンジンやブレンボキャリパー、6速MTなどを採用。ちなみに車型もBE5ではなくBESとなる。スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター

 

ビッグマイナーチェンジ後

ランカスター

スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター
2代目で登場したグランドワゴンはランカスターという名称に変更され、2.5ℓモデルのほか6気筒モデルも追加。

 

レスポンス向上を狙い斜流タービンを採用
ブーストのリニアな立ち上がりで気持ちの良い加速を実現する斜流タービンは、B型まで採用された。スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター

 

3ℓ6気筒エンジンを日本仕様にも初搭載!
ランカスターから搭載された6気筒モデルは市場の声を反映して後期型ではB4とワゴンにも設定された。スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター

 

自らが持つワゴン部門の世界速度記録を更新!
2代目で樹立したワゴン世界速度記録を3代目が更新。記録達成車はスバルビジターセンターに展示されている。スバル、レガシィBE、レガシィBH、レガシィBL、レガシィBP、ランカスター

現代に繋がる安全技術を採用
アイサイトの前身となるADAや新環状力骨構造ボディを初採用したのも3代目レガシィであった。

 

井元貴幸が選ぶマニアックポイント

 

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー