R35GT-Rへ速さのみを追求した、妥協なき本格派エアロパーツ

R35GT-Rへ速さのみを追求した、妥協なき本格派エアロパーツ

『ウエストスポーツ』が開発したのは
機能最優先のドライカーボン製だった

IHI製をベースとしたオリジナルタービン「VN7.5」や純正インジェクター×12本仕様など、他店とは一線を画すチューニングにトライする『ウエストスポーツ』。
ストリートからサーキットまで、幅広いステージをターゲットとして仕上げられたデモカーは、鈴鹿サーキット初走行で”2分8秒879″という驚速タイムをマークするなど、高いポテンシャルを発揮している。今回、すでにリリースされるオリジナルエアロに、このたびドライカーボン製のアイテムが加わった。ウエストスポーツ、R35GT-R、エアロ、aero、bodykit、カーボン

「デザインは従来のタイプと共通ですが、新しいカーボン版では軽さと強度に徹底的に拘りました」と語るのは、ウエストスポーツの亀谷治夫代表。
新たに製作されたフロントワイドフェンダー/フロントリップスポイラーは、従来のFRP製に対して重量を約半分に抑えながら、圧倒的な強度の高さを誇るという。以前、サーキットでのテスト走行時、ダウンフォースの高さからリップが脱落するというトラブルを経験。今後は鈴鹿に続き、より最高速が伸びる富士スピードウェイでのタイムアタックにもチャレンジ予定とのことで、必然的にドライカーボン製のエアロが必要になった。もともとデモカーのために製作。かなりコストを掛けた作りとなる。
「新しく製作したアンダーカバーは、GTマシンのボディ下面処理も参考にしながらイチからデザイン。強度アップはもちろん、ブレーキダクトの形状など、サーキットでのタイムアタックにも確実に効果を発揮します」と亀谷代表。
今後4.3ℓに排気量アップした上で、富士スピードウェイで開催される「HKSプレミアムデイ」のスーパーラップに照準を絞りさらに煮詰めていく予定だ。

 

ウエストスポーツ、R35GT-R、エアロ、aero、bodykit、カーボン

純正比で片側35mmワイドとなるフロントフェンダーキット。前後とも285/35R20のタイヤサイズを装着するサーキット仕様にも最適。純正バンパーに対応するカバーも付属となる。

 

ウエストスポーツ、R35GT-R、エアロ、aero、bodykit、カーボン新作のアンダーカバーにはブレーキ冷却用のダクトも装備。亀谷代表自らサーキットに出向き、GTマシンを研究しながら十分な導風効果が得られる形状を導き出した。

 

ウエストスポーツ、R35GT-R、エアロ、aero、bodykit、カーボンアンダーパネル後端からフロントブレーキまでは、100Φのダクトが引ける設計に。下面はダウンフォース獲得のためアップスイープ形状とし、3本の整流フィンも装着する。

 

ウエストスポーツ、R35GT-R、エアロ、aero、bodykit、カーボンワイドフェンダーは純正サイドステップのままでも装着が可能。R35GT-R(MY07~MY15)に適合で専用サイドウインカーも付属。FRP製の価格は17万2,000円~18万2,000円(税別)だ。

ウエストスポーツのデモカーに装着するリアウイングは「HKSテクニカルファクトリー」のオリジナルで、翼端板を独自の大型タイプに変更。バンパーダクトはワンオフとなる。

今回製作したカーボン製エアロは価格未定とのことだが、究極レベルを目指すR35オーナーにはかなり気になる存在だろう。数に限りがあるそうなので、興味をお持ちのオーナー諸氏は早めに同店に問い合わせたほうがよさそうだ。

 

ウエストスポーツ TEL084-981-5061
http://www.waste.co.jp/

 


画像ギャラリー