NDロードスターをベースにした、デザインの匠が描く「スーパースポーツ」

スーパーカーに熱狂したふたりの親父が
日本発信のコンセプトカーを現代に

かつては某自動車メーカーのデザインも手がけた佐野氏。現在は、ワンオフのボディ製作で名高い「SANO DESIGN(サノデザイン)」を立ち上げ、数々のエアロパーツやショーカーを生み出してきた。そんな彼が「東京オートサロン2018」にて新たなボディワークを披露。
乱人(ランド)ブランドで知られる「エアロテックジャパン」との強力タッグで、1台のコンセプトカーを製作したのである。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン

ベース車両はマツダのFRスポーツ、NDロードスター。聞けば、スーパーカーをイメージしたというが、「エアロテックジャパン」を率いる吉川代表ともにスーパーカーブームに熱狂した世代だ。
「ちょうど1年前、幼少の頃に憧れていたスーパーカーを日本車ベースで作れば面白そうかなと考えました。吉川代表もおおいに賛同し、あっという間にプロジェクトは進行していきました(笑)」。
フロントバンパー、フェンダー、サイドステップ、リアバンパー、ヘッドライトにいたるまで完全ワンオフ。ロードスターのスポーツフォルムを活かし、大胆な流線ボディを纏った『SD-1』を完成させた。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン

 

ロングノーズ・ショートデッキという往年のスーパーカーのごとく、前方に約20センチ延長したフロントセクション。ヘッドライトもイメージにあわせてオリジナル製作したというワンオフ品だ。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン

 

ボンネットとの別体式となるクリアのエンジンフードカバー。さりげなくエンジンユニットを覗かせるのもスーパーカーをイメージしたニクイ演出である。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン エアロテックジャパン

 

フェンダーは、フロント10mm/リア20mmワイド化。前方から後方にかけて斜め上に走るプレスライン。ダックテール状のトランクスポイラーもフェンダーへと繋がるようにデザインし、ボディの一体感を高めた。
ドア後方に備わるブーメラン式の縦型スポイラーも逸脱だ。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン エアロテックジャパン

カメラを内蔵した脱着式ルーフも完全オリジナル。リアウインドウ付きのバージョンも開発予定とのこと。SANO DESIGN 佐野デザイン ロードスター SD1 東京オートサロン エアロテックジャパン

 

今回の東京オートサロン2018のドレスアップカー部門で最優秀賞に輝いた『SD-1』。
日本発の”スーパーコンパクトスポーツ”を構成するエアロパーツの価格は、フルキットで150万円程度とのこと。「エアロテックジャパン」より6月を目標にリリースされる予定で、コンプリートカー販売も検討中のようだ。

SANO DESIGN http://sanodesign.biz/
エアロテックジャパン http://www.aero-tech.co.jp/

 

(レポート:ちんサブ)


画像ギャラリー