筑波最速を狙う86とスイフトなど注目マシンが大集結【HKSプレミアムデイin FSW 2018】

筑波最速を狙う86とスイフトなど注目マシンが大集結【HKSプレミアムデイin FSW 2018】

新作ターボ装着車からスーパーGTマシンまで
様々なデモカーを一挙に展示

チューニングパーツメーカーの「HKS」が主催するカーイベント『HKSプレミアムデイin FSW 2018』が、1月28日に静岡県・富士スピードウェイで開催された。

当日の会場には、HKSや参加プロショップなどのデモカーなどが勢揃い!

中でも特に注目だったのは、「トヨタ86」と「スズキ・スイフト」をベースでHKSが開発を進めている2台のタイムアタックマシン。

「86」がベースで、筑波サーキットのFR車最速タイムを狙う「TRB-03」。見るからに強烈なダウンフォースを発揮するエアロパーツを装着し、ノーマルをモディファイしたようなボディは、実はカーボン製に変更されている。

同じく筑波の最速FF車を目指す「TRB-04」は「スイフト」がベース。まるでパイクスピークヒルクライムレースに参戦するようなフォルムだ。

ど派手なエアロやウイング類を装着したこれら2台は、いずれも今年1発目のカーイベント「東京オートサロン2018」で初お目見え。どちらも新作のターボキットを装着していることでも話題を呼んだマシン。

さらに、HKSはグループAに参戦した「日産スカイラインGT-R(R32型)」「日産35型GT-R」の1000PS超のデモカーなども展示。

また、参加ショップ&メーカーの各ブースでも、注目のデモカーが目白押し。

こちらは、オートバックスのブースに展示されたスーパーGT500クラス参戦マシン「ATRA HSV-010」。

NSXの後継車としてホンダが開発していたマシンがベースで(量産化はされていない)、「オートバックス・レーシングチーム・アグリ」から2010年〜2013年にスーパーGTに参戦したレアな1台だ。

横浜のショップ「レヴォルフェS・A」のブースには、80年代のスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック5000QV ヴェローチェストラダーレ」も!

 

ほかにも、数多くの有名ショップが自慢のデモカーをずらり展示。チューニングカー好きにたまらない! 大満足の1日だった。

レポート&撮影:平塚直樹


画像ギャラリー