スバルファンなら絶対に立ち寄りたいスバルマガジンブース【大阪オートメッセ2018】

スバル村に出現したスバルマガジンブース

 

大阪・南港インテックス大阪で2月10〜12日開催されている「大阪オートメッセ2018」。ホール6A号館にスバリストも思わず唸る“スバル村”が出現した。スバルファン必携バイブル「スバルマガジン」のブースが、本家SUBARUブースの隣に展開されている。こちらのブースではスバルを得意とするショップ、メーカー4社とスバルマガジンがコラボし、5台のデモカーと物販などをおこなっている。
ブース内でS208を彷彿とさせる「クールグレーカーキ風ラバーディップ塗装」を纏った「レヴォーグ」を出展しているのは、関西の代表的なスバル車専門ショップとして支持されている「オートプロデュースA3」。本来設定のない6速マニュアルを搭載し、フロントマスクは同社の新作バンパー『AGRESS WRX TYPEフロントバンパー FACE2』を装着。
後期型WRXのイメージを演出しつつ、冷却性能を向上させ、「レヴォーグ」にフィットするよう制作されたものだ。物販では同社が誇る剛性アップパーツ『AGRESS ボディサポート システム』を販売中。こちらも見逃せない。

ロールケージまで組み込まれた本気仕様の「WRX STI」と思いきや、なんと先代「インプレッサG4」をベースにEJ20を搭載した悶絶マシンは「プレジャーレーシングサービス」のデモカー。オリジナルパーツの販売からジムカーナ壮行会まで幅広く手掛ける同社では、車高調やエアクリーナーといった定番アイテムから、ローギヤ化されたファイナルギヤや各部のブッシュ類まで降りなるアイテムを取りそろえる。今回のオートメッセではイチオシのコントロール性にこだわったスポーツブレーキパッドを中心に販売中だ!

ヒカリモノ系で絶大な人気を誇る「ヴァレンティ」は、現在人気沸騰中のレヴォーグ用LEDテール装着車を出展。純正デザインの良さを生かしつつ、フルLED化。ウインカー部はトレンドのシーケンシャル(流れる)タイプとなっている。純正では点灯しないバックドア側のテールランプもしっかり点灯するなど、細かいこだわり部分もぜひチェックしてほしい。

スバルサーキットトライアルで 伝説のクラス5連覇を成し遂げた初代フォレスターを出展している「ガレージKM1」。走行会を通じてカスタマイズの提案をしていくというスタイルが人気を博し、走りを追求する熱いスバリストから絶大な支持を受けているのだ。物販コーナーでは「ガレージKM1」のロングセラー商品 マグフィルターやクランクプーリーをはじめ、キーホルダーなども販売中!

誌面上で不動車から奇跡の復活を遂げ、東京から自走で会場入りした「SVX」を展示するスバルマガジンブースでは「STI」の新作ウェアやドライビングシューズ、グローブなどを試着できるコーナーを設置!話題の動体裁断を取り入れたという着心地抜群のジャケットなどは是非一度試しておきたい!また、スバルマガジンも2月10日に発売された最新号から創刊号まで取り揃え、お得に読める定期購読もブース内で手続き可能だ。

スバルファンでなくても見ごたえ抜群のスバルマガジンブースは、ぜひチェックしておきたい。

 

[リポート:井元 貴幸]


画像ギャラリー