【VIPスタイル我流ファイルVo.1】31セルシオ&210クラウンのこだわりカスタムを斬る! (1/2ページ)

VIPセダンをこよなく愛するオーナーたちの
カスタム技をクローズアップ

セダンのカスタムにとことんのめり込むオーナーたち。そのオーナーのこだわりにスポットをあて紹介して行く”我流ファイル”。セダン乗りの熱い想いをクローズアップしていく!

 

本場に負けない性能を秘める走りも本格派のユーロスポーツ

30系トヨタ・セルシオに乗り始めて11年。長らくマイペースでイジってきたが、今年からそのスピードが急加速。BMW M4 GTSというモチーフを得て、新たな境地へと駒を進めていた。

31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ

製作店であるジャスティスの代表・小野寺クンとは同級生。付き合いはもう10年以上で、ずっと一緒にやってきた。「でもボクはあまりイベントに行くタイプじゃない。彼が5回行ったら自分は1回くらいの割合ですね」。
イジり方も基本はシンプルな街乗り系だったが、BMW M4を見た時、パッと閃くものがあったという。
「これは絶対、セルシオに合う」。
ちょうど春先のイベントで初の総合入りを果たしていたこともあり、さらなる躍進を求めて思い切ってニコイチに挑戦することに。そのモチーフとなったのが、M4の中でも世界で700台、日本では僅か30台しか販売されていないM4GTSだった。

31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ
「けっこう飛ばす方なので」、しっかり走れるように足まわりはハイブリッドエアサス。ブラケット調整でまだまだ落とせるが、ツラウチは好みではないためこの車高に抑えてある。

「さすがに本物のバンパーは手に入らないので、まずM4純正のフロントバンパーをニコイチして、そこに社外のアンダーフラップを加工して装着。GTS風に仕立ててます」。

31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ
ホイールはBBS LM-RのJバトン。ブレーキはローターをひと回り大径化し、パッドはトムス製に換装。

このアンダーフラップがなかなか曲者で、普通に合わせただけでは後付け感が出てしまう。そこでM4バンパー下部を数ミリ削り、フラップを半分埋め込むように付けることで、自然な装着感を演出した。
「バランスを取るのが大変でした」。
ボディの色はモノトーンで整え、マフラーは左右出しに変更してユーロ感を強調。本家に負けず走りを予感させる風貌に生まれ変わったが、
「スーパーチャージャーを積んでいるので、実際に速いです」と、密かにリアルスポーティ。「まだリアなどが未完成ですけど、その辺が仕上がったら、もっと積極的にイベントに参加したいですね」。

31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ
塗り分けにはメタリック入りマットブラックを使用。このツヤ感が特徴なのだが、「まず気付かれません」ということ。

31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ

SPECIFICATION
31CELSIOR
□フロント:現行M4バンパーワンオフ加工
□サイド:ジャンクションプロデュース ディスティニー
□リア:ジャンクションプロデュース ディスティニー加工
□ウイング:ワンオフ
□フェンダー:純正
□ボディカラー:純正ホワイトパールクリスタルシャイン
□ホイール:BBS LM-R JバトンCED
□ホイールサイズ:20inch(F)8.5J(R)9.5J
□足まわり:ハイブリッドエアサス

Other SPEC
●グリル:ブラックメッキ加工 ●ヘッドライト:ブラックメッキ加工 ●テールランプ:8灯化+スモーク加工 ●タイヤ:アドバンスポーツ(F)235/30-20(R)245/30-20 ●キャンバー角:(F)3度(R)4度 ●ブレーキ:トムスブレーキバッド ●マフラー:トムスリアピース加工、中間ストレート ●外装その他:ルーフウイング、アンテナシャーク化、ストップランプLED化 ●室内:シート本革+イエローアルカンターラ、パネル類純正ウッド調イージーグラフィック、ドア内張りイエローアルカンターラ、天井・ピラー・ブラックアルカンターラ、マットワンオフリアルファー仕様、ネックパッドジャスティス ●室内オーディオ:アルパインスピーカー31セルシオ、VIPスタイル、フルエアロ

OWNER:岸 光洋サン
スーパーチャージャーの威力は、「出だしから違う。最高速はちょっといえないくらい(笑)」。奥様のあやサンとは2017年10月に挙式したばかり。

 

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー