6月23日、ホイール&タイヤのスペシャリスト「レイブロス」が新規移転オープン

6月23日、ホイール&タイヤのスペシャリスト「レイブロス」が新規移転オープン

愛車に履かせたい1本がきっと見つかる
レイズ製ホイールに特化したプロショップ誕生

足回りといったフットワークを軸としたチューニング&カスタムから、メンテナンスや車検までカーライフ全般をアシスト。大阪府の東大阪市にある「レイブロス」が、ホイール&タイヤ専門店として6月23日に新規移転オープンを行なう。
店内には、約200本におよぶホイールがズラリと陳列。特筆すべきは、「レイズ」ホイールの充実ぶりだ「ホイールを見て、触れて、感じてもらいたい。このテーマには、レイズ製ホイールの魅力を直に感じてもらうだけでなく、お客様のカスタマイズ応援や推進という意味を込めました。同じモデルを並べる理由は、サイズによって変わるフェイスの深さや設定カラーバリエーションの違いを知ってもらうためです。自分の愛車に見合ったサイズを履かせた時のイメージを、ひと目で感じてもらえるようにしました」とは、レイブロスのマネージャー、藤本サン。
このように新生「レイブロス」ではサイズによる深さの違いや、カラーによって異なるフィニッシュをじっくりと吟味することが可能だ。レイブロス、レイズ

 

「レイズ」のホイールで特徴的なのが、サイズによって変わるフェイスの深さ。
5ナンバーミニバン向けのフェイス1から、Lクラス向けのフェイス2、オーバーフェンダーやGT-Rなどのハイパフォーマンス車に向けたフェイス4まで、同じホイールでも深さが異なるモデル展示を行なう。レイブロス、レイズ

 

ベルサス、ホムラ、フルクロス、グラムライツ、デイトナなど、ブランドごとにわかりやすくディスプレイ。また、RMPやTBRといった新シリーズやオリジナルブランドも充実している。

例えば、同じブラック系でもホイールによっては微妙に異なる。カットモデルを展示することで、色味やフィニッシュの違いを比較することも可能だ。レイブロス、レイズ

 

“レーシングサービス”も引き続き営業中
旧店舗では、カスタム&チューニングやメンテナンスを行なう「レイブロス・レーシングサービス」として引き続き営業している。また、オリジナルブランド「TBR」のショールームも併設。なお、新店舗は「レイブロス・レーシングサービス」のすぐそばだ。レイブロス、レイズ

 

レイブロス本店レイブロス、レイズ
□住所:大阪府東大阪市楠根1-8-1
□電話:06-6747-3451
□営業時間:AM10:00〜PM8:00(平日)、AM10:00〜PM7:00(土日祝)
□定休日:第1火曜日、水曜日

http://www.raybros.jp/


画像ギャラリー