SUBARUが新型フォレスターを発表、新開発パワーユニット「e-BOXER」搭載へ

SUBARUが新型フォレスターを発表、新開発パワーユニット「e-BOXER」搭載へ

SUBARU初となる乗員認識技術を採用
本体価格は280万円から

SUBARUは、新型となる「フォレスター」を6月20日に発表。7月19日より発売を開始する。
第5世代となる新型「フォレスター」は、SUBARUが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車。乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手に優れた装備を採用した。

トップレベルの快適性と安全性能を実現
「SUBARU GLOBAL PLATFORM」

新型フォレスター、スバルデザインでは、SUBARU共通のデザインフィロソフィー「DYNAMIC x SOLID」のもと、SUVらしいたくましさや、キュービックなシルエットがもたらす容積感、左右フェンダーの張り出しによるスタンスの良さを併せ持った”フォルムモダンキュービックデザイン”を表現。

また、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」 の採用によってクラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリングを実現。快適な乗り心地も手に入れた。さらに「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」といった最新の先進安全装備を全車に標準装備した。

 

モーターアシストによる
軽快な加速を実現する「e-BOXER」を搭載

そして、初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など、新たな価値も採用。また、2.5L直噴エンジンには、直噴システムや熱マネジメントシステムの採用、徹底した軽量化により、力強い動力性能と優れた環境性能を両立した。新型フォレスター、スバル

5月18 日〜6月18日での先行予約台数は、4,119 台に達するなど、順調な滑り出しをみせる新型「フォレスター」。

なかでも「ドライバーモニタリングシステム」と「e-BOXER」を搭載する「Advance」が全体の約4割を占めているとのこと。こちらの「Advance」は9月14日に発売される。新型フォレスター、スバル

 

エンジングレード駆動変速機価格(消費税込)発売日
フォレスター2.0L 水平対向4気筒 DOHC直噴+モーターAdvanceAWDリニアトロニック3,099,600円9/14
フォレスター2.5L 水平対向4気筒 DOHC直噴Premium
Touring
X-BREAK
AWDリニアトロニック3,024,000円
2,808,000円
2,916,000円
7/19

□ボディカラー(Premium / Touring / Advance)
クリスタルホワイト・パール※、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、クリムゾンレッド・パール※、ホライゾンブルー・パール、ダークブルー・パール、ジャスパーグリーン・メタリック、セピアブロンズ・メタリック
□ボディカラー(X-BREAK)
クリスタルホワイト・パール※、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ
※:32,400円高(消費税込)
□販売計画:月販2,500台

 

SUBARUオフィシャルウェブサイト・フォレスター


画像ギャラリー