「SUPER GT 2018 第6戦 決勝レポート」魔物が棲む菅生、大波乱の展開に

「SUPER GT 2018 第6戦 決勝レポート」魔物が棲む菅生、大波乱の展開に

バトンがSUPER GTで念願の初制覇!
GT300はSUBARU BRZが完勝を果たす

9月16日、宮城県・スポーツランドSUGO(菅生)にて2018 AUTOBACS SUPER GT 第6戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝レースが開催。GT500クラスは「No.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)」。GT300クラスは「No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)」が完勝し、ともに今シーズン初となる優勝を遂げた。

 

【GT500 クラス】

SUPER GT 2018、菅生、決勝GT500のポールポジションは「No.100 RAYBRIG NSX-GT」で、順位は大きく変動がないままレースは進行する。
9周目、2番手の「No.12 カルソニック IMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)」は、「No.8 ARTA NSX-GT(伊沢拓也)」に抜かれるものの、再び抜き返して2番手へと浮上。さらに23周目にはトップを走行する100号車をパスして、レースをリードしていく。
そして、ピットインによって動きが変化する。まず、2番手を走行する100号車は34周目でピットインを済ませるが、トップの12号車と3番手の8号車は少し遅らせてのピットイン。ピットアウトしたNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)は、100号車の前にコースインを果たす。
しかし、アウトラップの12号車はタイヤの温めが十分ではなく、それよりも前にピットインを済ませた100号車がパスして実質トップに浮上。全車がルーティンのピットワークを終えた時点で、トップは100号車となり、12号車と8号車が続いた。SUPER GT 2018、菅生、決勝

45周目の最終コーナーでマシンの不調から12号車が単独オーバーラン。これで100号車から離されることになり、3番手を走る8号車がその後ろに迫る。8号車はペースの上がらない12号車を57周目の1コーナーで捉えて2番手に浮上した。しかし、100号車は10秒以上先。これでホッとしたわけではないだろうが、この周に100号車のバトンが最終コーナーでGT300マシンを抜こうとして、思わずコースアウト。幸いすぐに復帰できたが、誰もがヒヤリとした瞬間だった。SUPER GT 2018、菅生、決勝

そしてレース終盤の67周目。GT300クラスのマシンがSPコーナーでコースアウトし、イエローフラッグが出た後にセーフティカーが導入されてしまう。トップを走る100号車が得たアドバンテージは帳消しに。75周目にリスタートすると、100号車がトップを守り、8号車が僅差で猛追する展開となる。

その後、好走を見せていた「No.1 KeePer TOM’S LC500(平川亮)」が4コーナーでコースアウト。さらに80周目には「No.64 Epson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バケット)」が最終コーナーでコースアウトと、2個所でイエローフラッグが出されてしまう。トップ争いをしていた8号車には厳しい状況となり、最終的には「No.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)」がチェッカー。2位は「No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)」となり、Honda NSX-GTのワン・ツー・フィニッシュとなった。SUPER GT 2018、菅生、決勝

3位は日産の「No.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)」。LEXUS LC500勢の最高位は「No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)」の5位となった。SUPER GT 2018、菅生、決勝

 

 

【GT300 クラス】

SUPER GT 2018、菅生、決勝予選トップだったのは「No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)」。決勝でも好スタートを決めて1コーナーへ。しかし、予選5番手の「No.10 GAINER TANAX triple a GT-R(吉田広樹)」が猛追する。予選2番手「No.25 HOPPY 86 MC(坪井翔)」や予選3番手「No.9 GULF NAC PORSCHE 911(石川京侍)」を交わし、序盤からトップを行く61号車を追った。

また、3番手に順位を落とした9号車に接近したのは「No.21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(リチャード・ライアン)」。12周目のレインボーコーナーで9号車をパスして3番手に浮上したが、17周目にタイヤトラブルでピットイン。ふたたびコースインしたが再びのピットに戻り、残念ながらリタイヤとなってしまう。SUPER GT 2018、菅生、決勝

そして、序盤から快調に走る61号車は、2番手の10号車に対して10秒以上のマージンを築き、31周を終えてピットイン。ドライバー交代を済ませていないマシンがいたわけだが、実質のトップは譲らずチェッカーを目指す。

序盤ペースを落としていた予選2番手の25号車は、42周を終えてピットイン。得意のタイヤ無交換作戦を遂行し、ポジションを5番手まで戻した。しかし、56周目にまさかのスローダウン。サスペンションのトラブルだったようでレースを終えてしまった。SUPER GT 2018、菅生、決勝

そして終盤の61周目に波乱が起きる。「No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(平手晃平)」と「No.96 K-tunes RC F GT3(新田守男)」が接触し、31号車はクラッシュ。ここでセーフティカー導入となってしまった。
2番手に15秒近いマージンを持っていたトップの61号車のマージンは、ゼロに。
ところが、リスタート後でも61号車のペースは衰えず、徐々に10号車を引き離してトップチェッカーを受けた。
結果、「No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)」は、今シーズン初優勝。2位は「No.10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/吉田広樹)」、で今季初表彰台となった。3位は最後まで競り合いをみせた「No.「No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG」が入った。

SUPER GT 2018、菅生、決勝

 

さて、次回の第7戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」は、大分県のオートポリスで開催。いよいよ終盤を迎えるSUPER GT。最後まで熱い戦いを見逃すな!

 

SUPER GT公式ホームページ
SUPER GT SQUARE公式ホームページ


画像ギャラリー