日産ジューク・クローラー仕様が登場!雪上最強の走破性能は確実

日産ジューク・クローラー仕様が登場!雪上最強の走破性能は確実

左右駆動コントロールを活用

 千葉県幕張メッセで行われている東京オートサロン2019の開会前から、今回の日産ブースのアイコンになっていたのが『JUKE Personalization Adventure Concept』だ。

【関連記事】「放電ベルト」に「小径ハンドル」! 昔は「お約束」だったのに姿を消した「昭和 &平成カスタム」10選

画像はこちら

 日産独自の回転時に左右輪のトルクを変える「トルクベクトル付4WD」(インテリジェント4×4)を与えられているジュークは、もともと走破性の高いコンパクトSUV。その走破性の高さを、改めてアピールするためにクローラー(キャタピラ)付のデモカーを作り上げて幕張メッセに持ち込んできたのだ。画像はこちら

 このジュークは、4輪クローラー付きのクルマとしては珍しくフロントはある程度の舵角(通常のクルマでいうステアリングを切る行為)が可能で、さらにトルクベクトル4WDを生かして、雪上では左右輪の駆動差を使ったいわゆる『戦車ターン』に近い独特の機動性を発揮。画像はこちら

 ちなみにクローラーは、実績あるアメリカのトラックトラック社に依頼して作った“ホンモノ”。コンセプトカーにありがちな”なんちゃって”ではないのだ。

 オリジナルのオーバーフェンダーも、ジュークに合わせてデザインされたワンオフ品。マットホワイトのボディカラーをベースに、マットブラックとフローセントグリーンを組み合わせたカラーリングは、インパクトもあってセンスがいい。画像はこちら

 各地のスキー場のゲレンデでレスキュー車両として活躍しているクルマたちに、このジュークのようなクルマが加わると、頼もしいし、スタイリッシュなフォルムもリゾート地には最適化も!?
 こうしたちょっとユニークな参考出品車両も大歓迎できる。

 

 

画像ギャラリー