市販間近なオプションパーツを三菱がいち早く披露

市販間近なオプションパーツを三菱がいち早く披露

エクリプス クロスとアウトランダーの魅力を
グッと高めるヒカリモノ&小技&新作パーツ

 1月11〜13日で千葉県幕張メッセで開催している東京オートサロンに出展する「三菱自動車」は、最近登場したニューモデルやマイナーチェンジモデルで、アクセサリー用品(いわゆる純正オプションパーツ)のラインアップを充実させている。
 エクリプス クロスではSUVらしいスタイリングを強調するバンパーガーニッシュやリヤスポイラーなどのエクステリアパーツを揃え、アウトランダーではアウトドアユースに対応するルーフキャリアやラゲッジマット、シートカバーやイルミネーションといったインテリア用品を用意している。

 そして、今後はさらに、クルマのモデルライフの途中であっても、ユーザーニーズに応えて、アクセサリー用品を随時追加していく予定とのことで、東京オートサロンではそのスタディモデルを出品した。

 エクリプス クロスはブラックをアクセントカラーとした特別仕様車「BLACK Edition」をベースに、エンジンフードエンブレムなどをブラック化することで、ブラックをさらに引き立たせている。

 サイドエクステンションやリヤコーナーエクステンションのイルミネーションをクリアタイプとし、ダイナミックシールドにもイルミネーションを装着している。

 アウトランダーPHEVは「S-Edition」をベースに、こちらもダイナミックシールドにイルミネーションを追加したほか、フロント、サイド、リヤのエアダムにはレッドカーボン調のイルミネーションを装着している。

 フロント、サイド、リアのリップは、すでにブラックカーボン色で販売されているが、東京オートサロンではレッドに変更。さらにサイドにはイルミネーションを配するなど新たなる提案をする。

 また、さり気ないところだが、ブラックのドアハンドルカバーも市販化を視野に入れた参考出品。

 さらに、ドレスアップだけでなく走りのパフォーマンスを高めるために、エクリプス クロスにはHKS製マフラーと車高調整式サスペンション、アウトランダーPHEVにはHKSの車高調整式サスペンションを装着。

 また、ヨーロッパではオプション設定するホイールを装着。ブラックとダイヤモンドカットの2タイプを設定し、反響によっては日本市場でも販売するかもしれないとのことだ。

 これらのパーツ・アイテムはいずれも参考出品だが、ユーザーの反響しだいですぐにでも純正オプションとして設定される可能性が高い。三菱車の純正オプションには今後も注目していきたい。

 


画像ギャラリー