カローラスポーツがスポーティに変身! TOM`Sが提案するカスタムエアロ車両3台

カローラスポーツがスポーティに変身! TOM`Sが提案するカスタムエアロ車両3台

若者が興味を引きそうなルックスで登場

トヨタ車向けのアフターパーツの開発・販売を手掛け、セミワークスチームとしてモータースポーツでも活躍する「TOM’S(トムス)」は、「東京オートサロン2019」でカスタマイズ車両3台の展示と、エアロやパーツをはじめとする様々な商品を販売した。

展示された車両は『TOM’S E164 カローラスポーツ』、『TOM’S S220 クラウン』、『TOM’S アルファード』の3台だ。今回、トヨタの最新FFライトウェイトスポーツハッチバックの「カローラスポーツ」に注目してみた。

カローラスポーツは、コンパクトなシルエットにスタイリッシュなフロントマスク、ターボや6速MTの設定など見た目も中身も非常にスポーティなモデル。『TOM’S E164カローラスポーツ』は、レーシングチームTOM’Sが最新のテクノロジーを注ぎ込んで作り上げたエアロパーツやエキゾーストシステムなどをコンプリートした1台となっており、前面にせり出したフロントのディフーザーの鋭いラインは、走りの良さを予感させるデザインに仕上げられていた。

また、リヤアンダーディフーザーやチタン製の4本出しマフラー「エキゾーストシステム・トムスバレル」が迫力あるバックスタイルを演出。足元には、グロスガンメタカラーの19インチアルミホイール「CROSS SPEED」を装着し、精悍なイメージを与える。このホイールは、最新のフローフォーミング製法を採用しており、鍛造に近い剛性を備えているのが特徴だ。

ベースを活かしつつ、ひと味加えたカスタマイズは、幅広い年齢層に受け入れられそうである。

そのほか、大人の雰囲気を保ちながらも、フロント/リヤディフューザー、エキゾーストシステムでスポーティさをプラスし、エンジンチューニングと強化サスペンションでスポーツセダンへ変身したクラウンRSや、フロントグリルやメッシュホイールがラグジュアリーな雰囲気をも漂わすアルファードが展示された。


画像ギャラリー