激速ワゴン「アウディRS 4アバント」が6年ぶりにフルモデルチェンジ! 価格は1196万円

激速ワゴン「アウディRS 4アバント」が6年ぶりにフルモデルチェンジ! 価格は1196万円

新開発の2.9リッター V6ツインターボ搭載
ダウンサイジングながらトルクと燃費は先代を凌駕

 アウディ ジャパンは、ハイパフォーマンスワゴン「Audi RS 4 Avant」を6年ぶりにフルモデルチェンジ。1月28日より全国のAudi Sport店とアウディ正規ディーラーを通じて発売を開始した。Audi A4シリーズの頂点に位置し、 ステーションワゴンモデルのAvant(アバント)をベースに、スポーティさとラグジュアリー性を極めて高いレベルで両立したモデル。価格は1196万円。

 新型のAudi RS 4 Avantは、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点”Audi Sport GmbH”が手がけたA4シリーズのトップモデルだ。パワートレインには、新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、最高出力331kW(450PS)、最大トルク600Nmを発生。これまでの4.2リッターに比べダウンサイジングされているが、最高出力は同じで最大トルクは170Nmアップしている。アウディRS4、2019、アバント

 ミッションは、8速ティプトロニックトランスミッション。くわえてフルタイム4WDシステムと左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備することで、大パワーを確実に路面へと伝達する。0-100km/hの加速はわずか4.1秒という俊足にも関わらず、燃費は11.2km/リットル(JC08モード)と従来モデルより大幅な省燃費を実現させた。

 エクステリアは、かつての北米モータースポーツシーンを賑わせた”Audi 90 quattro IMSA GTO”からインスピレーションを得たもの。専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、前後バンパー、リアディフューザーを採用し、RSらしいスポーティさを強調。ブリスターフェンダーは、Audi A4 Avantに比べて全幅は25mm拡大し、美しくダイナミックなフォルムを形成する。アウディRS4、2019、アバント

 インテリアは、ファインナッパレザーのSスポーツシート、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを装備。スポーティかつエレガントな室内空間とした。

 また、メーターパネル内に備わる12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイでは、スピードメーターやタコメーター、カーナビゲーションをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できる”アウディバーチャルコックピット”を搭載する。アウディRS4、2019、アバント

 さらに、インターネットと接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示するなど、あらゆる情報提供を行なう”Audi connect”を採用。24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能な”Audi connect Navigator”も利用可能だ。

 

アウディRS4、2019、アバント


画像ギャラリー