ディアブロGTRやDTM仕様のM3! レーシングカーのミニカーが発売

ディアブロGTRやDTM仕様のM3! レーシングカーのミニカーが発売

細部までこだわったクオリティに注目

 クルマ好きなら一度は手にしたことがあるミニカー。様々なブランドからいろんな車種が登場しているが、今回は2月から4月に発売される新作2台のモデルを紹介しよう。

【京商】

 京商と言えばラジコンをイメージされる方が多いかもしれないが、ミニチュアカーも手がけるなど、クオリティやコストパフォーマンスの高さが支持されている。今回、レジンモデルの1/18スケール「ランボルギーニ・ディアブロGTR」を500台限定で2月末に追加した。レーシングカーミニカー

 2018年10月にオレンジを先行発売しているが、今回はカラー違いのシルバー。実車は30台のみしか製造されず、ボンネットエアダクトや、プレキシガラス(樹脂ガラス)、シュノーケル付きエンジンフード、ボディにボルト留めされた大型リアウイングを忠実に再現。内装はロールケージやセンターコンソールにあるトグルスイッチなど細かい部分まで表現されている。価格は1万8000円(税抜き)。レーシングカーミニカー

 

【青島文化教材社】

 アオシマといえばプラモデルという言葉が響く方は40代後半から50代半ばだろう。かつてのスーパーカーブーム時代、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ・ベルリネッタボクサーなど、クルマ好きのハートに刺さるラインアップを展開している。レーシングカーミニカー

 今回発売されるモデルは、マカオの模型メーカー「BEEMAX社」と共同開発を行った商品。現在でも存在するレースカテゴリーのDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦したBMW M3 スポーツエボリューションを1/24スケールで再現したものだ。レーシングカーミニカー

 また、アオシマでは、1992年のDTMに参戦した2種類のBWM M3を選んで作れる「2in1キット」を展開。FINAカラーもしくはイエガーマイスターカラーを選択して製作することが可能で、デカールは美しい仕上げのシルク印刷で行なわれている。車両の再現をするために、リアスポイラーを新規金型で起こしているなど、凝った1台といえるだろう。レーシングカーミニカー

 作る喜びがあるプラモデルだけに、レーシングカーならではのバケットシート・ロールケージ・フロア形状も再現。タイヤのキャンバー角に対応したテーパー付き専用タイヤまで用意されるのだから、マニア心をくすぐる。レーシングカーミニカー

 プラモデル本体の価格は4200円(税抜き)。より実車に近づけるために、ブレーキローターのスリットやボンネットピンといったディテールアップパーツも発売され、こちらの価格は2200円(税抜き)となっている。レーシングカーミニカー

※ 製品画像は組立済み・塗装済みの完成品見本です。一部に別売りのディテールアップパーツを使用しております。実際の商品とは異なる場合がございます。


画像ギャラリー