東京の中心を60台の絢爛クラシックカーがパレードラン (1/2ページ)

東京の中心を60台の絢爛クラシックカーがパレードラン

THE銀座RUN エシカルミーティング開催

 8年目の開催となる「THE 銀座RUN Ehicial Meeting 春(以下:銀座RUN)」が令和元年5月6日に開催され、拠点となる東京都港区にある東京プリンスホテルに約60台の名車が集結した。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 銀座RUNはクルマ文化と環境の共存を目指しているイベントで、大会名にも添えられているエシカルミーティングの命名は、環境や社会に配慮している倫理的・道徳的なミーティングであるとの謂れがある。とはいえイベントの内容は、クルマと人間の間にある根源的なものを味わうべく東京の街を楽しくパレードして、その後集ったみんなと歓談する、といういたってシンプルなものだ。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 参加対象は、なんと1910年代から20世紀までに登場したクルマとのことだが、主催者の判断でそれ以降の年代のクルマでも参加することが出きるという。参加車両は国籍問わない分け隔てのないオープンな大会だ。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 例えばイギリスのロールスロイス「シルバーゴースト」(1913年製)、フランスのルノー「カラベル・コンバーチブル」(1959年製)、アメリカのキャデラック・クーペ・デビル(1959年製)、日本のトヨタ・コロナRT50(1966年製)・・・・・・、枚挙にいとまがない、すこぶるクルマを愛する方々のものばかりで、驚きのクラシックカーばかりでもないのが印象的だった。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 先導車には近年エコミッションとしてハイブリッド車であるトヨタ・プリウスを方々で走らせてきた、パリダカールラリー挑戦者の大御所でもある、横田起一郎さんがドライブ。「00号車」というゼッケンは、「令和だから『れい:0とわ:0』ということでゼロゼロ号車です」とすこぶる温和な会話でスタートした。年々参加台数も増え、ますます人気を集めているイベントだ。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 パレードランは、拠点となる東京プリンスホテルを出発し、東京駅、日本橋、靖国神社、半蔵門、青山一丁目、表参道、神宮前、根津美術館、国会議事堂前を通過し、築地から新橋経由で東京プリンスホテルに戻ってくるという、およそ38.7kmのルートを走行。新緑が芽生える東京の街並みを見ながら仲間同士でドライブを楽しむ参加者だが、普段見られない名車に街ゆく多くの人は魅了され、お互いに手を振る光景がそこここに見られた。

クラシックカーが東京の街をパレードラン

 残念ながら晴天とまではいかなかったが、大きなトラブルもなく全車完走した。ゴールデンウィーク最終日と言うこともあり、普段よりも空いている都内の道路をゆったりと走行することができたわけだ。


画像ギャラリー