フェラーリ初のPHVスーパーカー「SF90ストラダーレ」登場

フェラーリ初のPHVスーパーカー「SF90ストラダーレ」登場

ハイエンドモデルに初めてのV8エンジン

 フェラーリの新しいフラッグシップマシーンが誕生した。その名は「SF90ストラダーレ」。なんとフェラーリ初となるPHV(プラグイン・ハイブリッド)モデルだ。リア・ミッドシップに搭載されるエンジンは4リッターV8ターボ。フラッグシップモデルがV8モデルとなるのもフェラーリでは初のことだ。

 リアミッドシップで搭載する4リッターV8ターボエンジンだけで、780ps/800Nm(81.6kg-m)と凄まじいパワーを発揮。だがそれだけではない。
 これに3個のモーターが組み合わせられる。ひとつはリア左右を駆動するモーター、ほかの2基はそれぞれ前輪左右を駆動する。モーター3基で220ps相当のパワーを発揮。エンジン+モーターで合計1000psというモンスターだ。パフォーマンスはすさまじく、フェラーリの公表値で0→100km/h加速はわずか2.5秒、最高速度は340km/h。高度な電子制御4WDシステムを採用し、ミッションは8速のF1デュアルクラッチトランスミッションを搭載する。7.9kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、フル充電なら電気自動車として25kmの走行を可能にしている。

 全幅こそ1972mmと2m近いが、全長は4710mmと比較的コンパクトに仕上げられたボディは、さすがは最新のフェラーリという印象だ。ミッドシップらしくキャビンが前方に位置し、美しくかつエアロダイナミクスを考え抜かれた設計だ。室内では、フェラーリとして初となる16インチのデジタルフルスクリーンを採用している。

 フェラーリまでPHVとは……と思われる人もいるだろう。フェラーリに限らず、現在ヨーロッパ車は急激にPHV化が進んでいる。その理由はヨーロッパの燃費規制。非常に厳しいものだ。だが計測方法に穴があり、EV走行したぶんも通常と同じように走ったことにして計測される。つまりPHVのほうが圧倒的に有利ということだ。

 至高のPHVスーパーカーといえるフェラーリSF90ストラダーレ。標準仕様車のほか「アテッサ・フィオラーノ」と呼ばれるスポーツ仕様車も設定。アテッサ・フィオラーノではドアやアンダーボディがカーボンファイバー製となり、専用ショックアブソーバー、チタン製のスプリング&エキゾースト、専用タイヤ、カーボン製リアスポイラーなどが装備される。


画像ギャラリー