後席以降のスペースがキモ! 広々使える、車中泊に最適なミニバン4選 (2/2ページ)

ホンダ・フリード+

 車中泊するのはごくたまのことで、むしろ普段使いのしやすさ、コンパクトなサイズを優先したいというならフリード+だろう。

車中泊にオススメのミニバン

 1列目席の前倒し、2列目席の格納、そしてボードをセットするなどの手間は必要だが、「リラックスベッドモード」時の完全フラットなフロアの長さは5ナンバーミニバン(のサイズ)にして1980mmに達する。フロア幅はラゲッジボードを上段にセットすれば1270mmもあるからゆったり。フリードには専用マットレスなどの各種車中泊用のアクセサリーも用意されているから楽しく、便利。ちなみにボード上段時の室内高は975mm。大人でも体育座りができる空間が確保されている。

車中泊にオススメのミニバン

 

日産 NV200バネット

 正確にはミニバンというよりビジネスバンだが、NV200バネットの5人乗りは、2列目席を倒すことで出現するフルフラットなラゲッジフロア長はなんと2040mm。

車中泊にオススメのミニバン

 フロア幅も1500mmあり、ダブル(1400×1950mm)またはワイドダブル(1500×1950mm)サイズのマットレスを敷くことで完ぺきなベッドルームに変身。値段は倍以上になるものの、電気自動車版のe-NV200なら、AC100V/1500Wコンセントを2個完備。電源付きのベッドルームになる。

 もちろん、冷房や暖房を使っても、静かなままで、排出ガスが一切出ない環境性能にも注目。無論、NV350キャラバンはさらに広大な空間となる。

車中泊にオススメのミニバン

 ここで、Lサイズミニバンのトヨタのアルファードやヴェルファイアはどうなのよ? という声が聞こえてきそうだが、寝るには基本的に2/3列目席を倒すアレンジとなり、シートがソファ的なかけ心地の快適感やサポート性を重視しているため、ベッドとしては、薄手のマットレスを敷いたとしても、凸凹が大きくなってしまう。すなわち、VWゴルフ・トゥーランやホンダ・フリード+で可能な、フルフラットなシートアレンジは望めないのである。

 

番外編 ホンダ・シャトル

 最後に、ミニバンではなく5ナンバーサイズのワゴンで車中泊も可能な1台として、マイナーチェンジで新しくなったばかりのホンダ・シャトルを紹介したい。

車中泊にオススメのミニバン

 通常時のラゲッジスペースは奥行き955mm、幅970~1500mmと、ボディサイズからすれば十分に広い。ただし、そのままでは寝られない。が、後席を低く沈み込ませるように格納すると、ラゲッジスペースから連続するフルフラットスペースが出現。そのフロア長は1770mm。つまり、身長177cm以下なら、足を伸ばして平に寝ることができるのだ。

車中泊にオススメのミニバン

 では、身長180cm以上の人は真っすぐに寝られないのか、という答えはNO。実は、ボクが考えた、ヘッドレスト逆付け&ステー引き延ばし術を使うと、枕分まで含めたベッド長は1850mmに達してしまうのである。つまり、ベッドレストの長さぶん、ベッド長がかせげるというわけ。知り合いで身長187cmの長身男がいるが、時に、愛車のシャトルでゆったりと寝ているらしい。参考までですが……。