30台限定のアルピーヌA110ノワールを展示! 代官山T-SITEでモーニングクルーズ開催

30台限定のアルピーヌA110ノワールを展示! 代官山T-SITEでモーニングクルーズ開催

雨天の中13台のアルピーヌが集結

 いまやクルマ好きの聖地ともなっている東京・渋谷代官山T-SITEの駐車場で行われているモーニングクルーズ。テーマに沿ったクルマを持つオーナーが集い、もうまもなく80回目を迎えようとしている。そのスペシャル版として6月15日にアルピーヌをテーマに開催された。

 アルピーヌと言えば、昨年6月22日に日本デビューを果たした「A110プルミエールエディション」。全世界で1955台の初回限定モデルで、うち50台が日本に割り当てられた。日本の販売方法はインターネットで申込むシステムを採り、割り当て台数を超える1021名の応募があった。代官山モーニングクルーズ アルピーヌ

 カタログモデルは同年9月26日に発表があり、順次納車が進められている状況だ。

 モーニングクルーズには、あいにくの天気にもかかわらず集まった台数は13台! 会場には現行A110のほかにA610が登場。瞬く間にクルマに人が集まった。代官山モーニングクルーズ アルピーヌ

 そして、先日発表されたばかりの30台限定モデル「A110ノワール」が特別展示された。同車は、サベルト製スポーツシートを採用し、ブラックに統一された内外装はよりスポーティな仕上がりだ。他にもアルピーヌ・ジャポンからはA110ピュアとリネージも展示され訪れた人を魅了した。代官山モーニングクルーズ アルピーヌ

 アルピーヌ・ジャポンCOOトマ・ビルコさんは「今回は6月の梅雨らしい天気となってしまいましたが、また開催をしたいと考えています。その時は、新旧アルピーヌを揃えて会場を訪れた人に楽しんでほしい」とコメントした。

 なお、代官山モーニングクルーズは、テーマ以外のクルマで行っても駐車場内に止めることが可能だ。また駐車券とTポイントカードをDAIKANYAMA T-SITEのクルマ・バイクコーナーに持っていくと駐車料金が3時間無料。首都圏に住むクルマ好きならぜひとも訪れてほしい。


画像ギャラリー