ダイハツ、運転免許を持たない若者が集まる「原宿竹下通り商店会」でプロモーション活動

ダイハツ、運転免許を持たない若者が集まる「原宿竹下通り商店会」でプロモーション活動

15歳のインフルエンサーがプロデュース

 ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は、若者の聖地である東京の「原宿竹下通り商店会(以下竹下通り)」 とコラボレーション『#原宿マジだいはつ』を開催。実施期間は2019年6月24日(月)~7月7日(日)となる。

 ペダルの踏み間違い事故による衝突被害を軽減することを目的に開発した、後付け安全装置「つくつく防止」を、孫から祖父母へ伝えてもらうことを目的とした啓発イベント。竹下通りは、流行発信地として日本一孫世代が集まる若者の聖地であり、世界中から多くの観光客が訪れる街としても有名である。

 さらに原宿で人気ブランドとのコラボレーションにより、若い世代に自動車メーカーとして親しみを持ってもらうことも目的としてあげている。また、自動車業界が100年に1度の大変革期を迎えているなか、スマートフォンひとつで世界中と繋がる次世代の若者から新たな発信を行なうのも狙いという。ダイハツが竹下通り商店会で原宿マジだいはつを実施

 トータルプロデュースには、スマホ世代の若者に絶大な人気があり強い影響力と発信力を持つ「ひかりんちょ」に依頼。ユニット「おちゃらけ戦隊 ダイハチューム」が結成された。このユニ ットは中高生を中心人気のインフルエンサー「ひかりんちょ」「ゆな」「れいたぴ」「さくら」「なえなの」「園田あいか」「まやりん」の7人からなる戦隊もの。期間中、竹下通りで配布される冊子付属のメッセージカードで「おじいちゃん・おばあちゃんに交通安全のメッセージを送ろう」がキッカケとなり、核家族化によって気薄になりつつあるおじいちゃんとおばあちゃんとコミュニケーションを取り、家族が幸せになるようなクルマ社会の未来を考えていこうということがテーマの狙いだ。ダイハツが竹下通り商店会で原宿マジだいはつを実施

 ダイハツは、彼女たちと同世代の運転免許を持てない世代から現在のクルマ社会に向けてのリアルな目線で啓発できればと考えている。なお、7月6日(土)〜7日(日)には竹下通りで「おちゃらけ戦隊 ダイハチューム」が集まるイベントも実施。こちらの詳細は追ってホームページで掲載予定とのこと。


画像ギャラリー