最高出力625馬力! BMW Mシリーズのフラッグシップ 新型M8を日本投入

最高出力625馬力! BMW Mシリーズのフラッグシップ 新型M8を日本投入

最先端技術で優雅な走りを実現

 BMWは、BMW M社の新たなフラッグシップモデルとして、レーシングテクノロジーを駆使した高性能モデル新型BMW M8を、全国の正規ディーラーで受注を開始し、12月以降に順次納車を開始すると発表した。車両価格(税込み)はM8が2230万円、M8コンペティションが2433万円となる。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 スーパーカーとは、言うまでもなく卓越した走りのパフォーマンスと圧倒的な存在感を放っているクルマのことだ。排気量をサイズダウンしながら出力を過給機、あるいは電気駆動技術で補完するのが昨今のスポーツカークラスにおいてもトレンドとなっているが、スーパーカーと呼ばれるクルマは、いまだ大排気量エンジン+過給器というオーソドックスな手法を用いているモデルも多い。

 結果として最高出力で700PSや800PSを引き出し、スペックアップにともなってボディやシャシー、足まわりが強化されるなど、総合的なパフォーマンスアップが図られている。圧倒的とも言える性能を持つがゆえに、少々扱いに苦慮するというのもスーパーカーが持つ一面だが、BWW M8は日常的なシーンでも快適性や効率のよさが実感できるモデル。BMWが“ハイパフォーマンス・ラグジュアリーカー”と謳っていることも納得できる。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 パワーユニットは4.4リッターV型8気筒エンジンをベースに、BMW M社が培ってきた最先端の技術が余すことなく採用されたMツインパワーターボエンジンを搭載。最高出力600PS/6000rpm、最大トルクは750Nm/1800-5800rpmを実現している(ヨーロッパ仕様値)。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 これにドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションと、後輪駆動を重視した4輪駆動システムM xDriveを組み合わせ、エンジンが発生する能力を効率的に引き出して路面に伝達することを可能にしている。

 また、アグレッシブなスポーツ走行を想定した「コンペティション」グレードでは、同じV8エンジンを搭載しながら、車両構造部との接続部をより強固にする、極めて硬い専用のエンジンマウントを採用することで、より直接的な動力伝達を可能とした。最高出力は25PSアップの625PS。0‐100km/h加速タイムは3.2秒を達成している。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 そして新型M8には、M専用インテグレーテッドブレーキシステムがM仕様として初採用されているのもトピックのひとつだ。インテグレーテッドブレーキシステムとは、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現するように開発されたシステム。ブレーキの作動、ブレーキブースター、ブレーキ制御の各機能をコンパクトに統合するとともに、非バキューム式のブレーキブースターを採用することで、約2kgの重量削減にも貢献している。

 このシステムによって、ドライバーは任意に車両の減速度を調整することが可能となり、あらゆる状況でドライバーが思い描くペダルフィーリングを味わうことができる。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 スタイルは威風堂々としたもので、BMW Mブランドのアイデンティティを表す、機能に裏打ちされた美しさが宿る。低重心かつ伸びやかなシルエットをまとい、フロントサイドパネルに幅広なデザインを採用することで、ボディに光の反射による美しい帯を生み出し、究極を求めた高性能モデルであると同時に、繊細かつ優雅なラグジュアリーモデルとしての個性を演出した。

 ダブル・バー・キドニーグリルや、ボディ側面のエアブリーザーに装備された”Mギル”など、BMW Mモデルの象徴的な装備も、M仕様ならではの特別感。コンペティションでは、キドニーグリルがハイグロスブラック仕様となり、モデルバッチ、ドアミラー、リヤスポイラーが装備され、よりアグレッシブなデザインとなっている。

BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 車内は、モータースポーツ由来のアグレッシブなデザインと、豪華さと優雅さを兼ね備え、BMW M社の新たなフラッグシップ・モデルに相応しい室内空間としているのも見逃せないポイントだ。BMWのハイパフォーマンス・クーペM8が登場

 8シリーズの優雅なスタイリングと、ピュアスポーツカーの力強さを融合したラグジュアリーなスーパーカー。美しいルックス、卓越したパフォーマンスによってクルマ好きを大いにワクワクさせてくれる存在と言えるだろう。


画像ギャラリー