トヨタTS050ハイブリッド、空力性能をアップデートしてラストシーズンに挑む

トヨタTS050ハイブリッド、空力性能をアップデートしてラストシーズンに挑む

WEC2019-2020年シーズンは9月開幕

 2019年のル・マン24時間レースで1-2フィニッシュをしたトヨタのレーシングカー「TS050 HYBRID」。LMP1ハイブリッド規定から2019−2020年がラストシーズン。WEC(FIA世界耐久選手権・FIA World Endurance Championship)の2019-2020年シーズンは全8戦で争われるが、今週末のスペイン、バルセロナで行なわれるプロローグテストが公式な幕開けとなる。トヨタTS050ハイブリッドがWECラストシーズン

 TS050 HYBRIDがデビューした2016年のル・マン24時間レースは、残り1周でのトラブルでまさかのリタイヤ。翌2017年は、小林可夢偉がポールポジションを獲得し、マイク・コンウェイがレース中のコースレコードを更新する速さを見せたが、勝利は叶わなかった。

 しかし、2018-2019年「スーパーシーズン」として行なわれた昨シーズン、2018年のル・マン24時間レースで念願の初優勝。翌年の2019年のル・マンも1-2フィニッシュとなり、チーム&ドライバーの両シリーズチャンピオンを獲得した。トヨタTS050ハイブリッドがWECラストシーズン

 LMP1ハイブリッド規定最後のシーズン2019-2020年は、トヨタのモータースポーツの歴史に名を刻んだTS050HYBRIDをさらなる空力性能改善、信頼性の向上によって、4輪駆動、最高出力1000馬力のパフォーマンスを高めるという。

 2台体制となるTS050 HYBRIDのドライバーについては、7号車は昨年と変わらず、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名。トヨタTS050ハイブリッドがWECラストシーズン

 8号車は世界チャンピオンとなったセバスチャン・ブエミと中嶋一貴の2人に、2017年のル・マン勝者で、かつWECチャンピオンであるブレンドン・ハートレーがフェルナンド・アロンソに代わり加わる。トヨタTS050ハイブリッドがWECラストシーズン

 TS050 HYBRIDにとって最後のシーズンは、開幕戦となる9月1日のシルバーストーン4時間レースを皮切りに4大陸を巡る、全8戦、計66時間の戦い。日本の富士スピードウェイ、アメリカのセブリング、ベルギーのスパ・フランコルシャン、といった伝統のコースを経て、来年の6月13日~14日のル・マン24時間レースで最終戦を迎える。

 村田久武 TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表は
「先月のル・マン24時間レース優勝からまだ日が浅いですが、ワールドチャンピオンとして迎えるWEC新シーズンが待ち遠しいです。今シーズンはLMP1ハイブリッド規定の最後となります。それは同時にTS050 HYBRIDにとっても最後であることを意味します。TS050 HYBRIDは多くの勝利を収めましたが、博物館に行く前に、それをさらに積み重ねることが出来れば、と願っています。チームの最大の目標はル・マンの3連覇を果たすことです。それが2015年より、設計、開発、製造、及びレース運営に関わってきたチーム全員への贈り物になると思っています。TS050 HYBRIDと共にチームは成長して強くなり、今は活力に満ちています。次世代ハイパーカーの準備も並行して進めていますが、前年の覇者として臨む今シーズンも挑戦を続け、皆様に良いレースをお見せしたいと思っています」とコメントしている。

2019-2020 FIA世界耐久選手権(WEC)カレンダー
2019年9月1日 シルバーストーン4時間
2019年10月6日 富士6時間
2019年11月10日 上海4時間
2019年12月14日 バーレーン8時間
2020年2月1日 サンパウロ6時間
2020年3月20日 セブリング1000マイル
2020年5月2日 スパ6時間
2020年6月13-14日 ル・マン24時間


画像ギャラリー