ミシュラン、ポルシェ911GT2 RS/GT3 RS専用にハイグリップタイヤ開発

ミシュラン、ポルシェ911GT2 RS/GT3 RS専用にハイグリップタイヤ開発

高いドライグリップが生み出す異次元の走り 

 公道も走れるサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R(ミシュランパイロット スポーツカップツーアール)」が日本ミシュランタイヤから9月6日より発売される。

 世界中の様々なレースで培われたミシュランの最新技術を投入し、名だたるスポーツカーメーカーと共同開発された「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2」のドライグリップ性能をさらに向上させたスーパースポーツカー専用サーキット向けタイヤ。サイズは265/35ZR20(99Y)XL NO、325/30ZR21(108Y)XL NOの計2サイズ。共にオープン価格で、装着対象車両はポルシェ911GT2 RS/GT3RSになっている。

ミシュランがポルシェ911GT2 RS/GT3 RS専用タイヤを発売

 タイヤの特徴としてモータースポーツ由来の新配合コンパウンドを採用して高いドライグリップを確保。内部構造の最適化によるさらなるタイヤ剛性の向上を達成しているほか、トレッドパターンの最適化で接地面積の最大化も実現している。

ミシュランがポルシェ911GT2 RS/GT3 RS専用タイヤを発売

 その仕上がりにも自信あり。過酷なレースの世界からフィードバックされた技術を採用したことで、高いドライグリップ性能を発揮し、“走る悦び”だけにとどまらず、サーキット走行に求められるラップタイムの更新も十分に狙えるスペックとしている。

 さらにミシュラン独自の金型加工技術 「プレミアムタッチ」も採用されており、走行性能はもとより、エクステリアからもクルマのポテンシャルや魅了を高める。


画像ギャラリー