鈴鹿サーキットのコース上に宿泊できる「ル・マン式キャンプ」!バイクとともに特別な一夜を

鈴鹿サーキットのコース上に宿泊できる「ル・マン式キャンプ」!バイクとともに特別な一夜を

グランプリコースの早朝体験走行付き

 鈴鹿サーキットで、2019年11月2日(土)・3日(日・祝)に、「2019MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第51回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」が開催される。 
 その決勝レース後の興奮冷めやらぬ11月3日(日・祝)、国際レーシングコース上に愛車のバイクを並べ、ホームストレート上の芝生にテントを張って泊まることができる宿泊プラン「ル・マン式キャンプ」の販売が開始されている。

鈴鹿サーキットのコース上に宿泊できる「ル・マン式キャンプ」

 当イベントは「BIKE!BIKE!BIKE!2019」で初開催し完売した人気の宿泊プラン。 3連休での開催となるMFJグランプリでの「ル・マン式キャンプ」は、翌日4日(月・振休)早朝に自慢のバイクで国際レーシングコースの走行を楽しむことができる。

 このプランは、MobilityStation(オンラインショップ)にて、申し込み対応しており、120組(2名1組)限定の受付となり、定員に達し次第受付終了となる。

 前述の特典の早朝サーキットクルージングは、国際レーシングコースをご自身のバイクで70km/hで2周クルージング走行。また11月3日(日・祝)~4日(月・振休)は、天然温泉「クア・ガーデン」で利用可能な、入浴1回無料チケットもプレゼントされる。

鈴鹿サーキットのコース上に宿泊できる「ル・マン式キャンプ」

<ル・マン式キャンプ詳細>

・サイト料金:1万1000円(税込み)/1名※別途MFJグランプリ観戦券が必要(同伴者含む)
・サイト定員:1サイトにつき2名まで※120組限定
・サイト区画:W3m×D約4.5m※チケット購入による先着70組様までは、ルマン式グリッド1番から利用できる
・テントおよびタープ、その他備品は自身のスペース内に収まるように設営。
・レンタル備品、および食材の販売等のサービスはないので、自身で準備が必要。
・火気については、シングルバーナー程度まで使用可(テント周辺まで)。 直火での調理や木炭、たき火などの火の粉が出る火器等は、引火の恐れがあるので使用不可。尚、ピット内およびピットロード、パドック内は火気厳禁。
・駐車:1サイトにつきバイク2台まで入場、駐車可能 ※クルマでの参加は不可

【詳しくはこちら】

https://www.suzukacircuit.jp/superbike_s/event/camp/


画像ギャラリー