「ランボルギーニ=ガルウイング」は勘違い! 知られざるスーパーカーのドア名称5つ (1/2ページ)

「ランボルギーニ=ガルウイング」は勘違い! 知られざるスーパーカーのドア名称5つ

スーパーカーの象徴と言えばガルウイングだった

「三つ子の魂 百まで」という言葉あるが、スーパーカーブームの頃に跳ね上がる自動車のドアのことを『ガルウイング(ドア)』と覚えて、それっきりになってはいないだろうか。

 たしかにランボルギーニ・カウンタックやデロリアン、トヨタセラのドア形状を見ても一般的にガルウイングと呼ばれていたことから、ほとんどの場合それで話が通じるため、問題ないと言えば問題ない。いまさらと思うかもしれないが、ガルウイング以外の跳ね上げ式ドアの正式名称も覚えておこう。

ガルウイング

 まずは正真正銘のガルウイングから。元祖は昭和の大スター石原裕次郎氏が所有したメルセデス・ベンツ300SLクーペ(1954年)。厳密にいうと”ガルウイング=カモメの羽”という意味の通り、見た目がカモメの羽のように開くことから言われている。それだけに、カモメの翼のように見えないドアは、ガルウイングではない、とも言えるのだ。

【関連記事】ロータスを復活させた「エリーゼ」のシャシーは68キロ! 軽さこそ正義の「Mk1」はスパルタン過ぎました

カウンタックやベンツ300SLなどスーパーカーのドアの呼び名画像はこちら

 車種で言うと映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したデロリアン・DMC-12やメルセデス・ベンツ300SLをモチーフに、2009年にデビューしたSLS AMGがガルウィングの代表格だろう。カウンタックやベンツ300SLなどスーパーカーのドアの呼び名画像はこちら

 国産車ではマツダ・オートザムAZ-1が有名だが、意外と知られていない車種として、石原プロモーションが製作したドラマ「ゴリラ・警視庁捜査第8班」に登場した三菱スタリオンにもガルウイング仕様が5台限定で販売された。カウンタックやベンツ300SLなどスーパーカーのドアの呼び名画像はこちら

 

シザードア(シザーズドア)

 ランボルギーニ・カウンタックのように、車体側面から垂直に開くようなドアは「シザードア(シザーズドア)」と呼ばれる。まるでハサミ(シザー)が開いたときのような開き方といえばピンとくるはずだ。カウンタックやベンツ300SLなどスーパーカーのドアの呼び名画像はこちら

 カウンタックで初めて採用されディアブロ、ムルシエラゴ、アヴェンタドール、ヴェネーノ、チェンテナリオなど歴代V12気筒モデルに受け継がれてきた。カウンタックやベンツ300SLなどスーパーカーのドアの呼び名画像はこちら