ホンダF1、2020年にメダル獲得を目指す「車いすレーサー」と共演

ホンダF1、2020年にメダル獲得を目指す「車いすレーサー」と共演

F1マシンと最新の⾞いすレーサー「WF01TR」との共演

 RDSは、F1日本GP決勝の2日後となる10月15日(火)に、レッドブル・トロロッソ・ホンダのF1マシン「STR13(2019年F1世界選手権出場カラーモデル)」をはじめ、最新車いすレーサー「WF01TR」、車いす概念を超える新モビリティ「WF01」、車いすから身体データを取得するシミュレーター「SS01」を展示するイベントを東京・六本木ヒルズアリーナにて開催する。ホンダF 1マシンと2020年に金メダルを目指す最新鋭の車いすレーサーが共演する

 レッドブル・トロロッソ・ホンダをスポンサードするRDSは、自動車の先行開発などを行なう企業。近年は、モータースポーツ・パラスポーツ・ロボットなどの先⾏開発、その技術を医療・福祉の現場に活⽤するプロジェクトなども実施し、最先端技術を投入した陸上レース用の車いすもプロデュースしている。

 15⽇のイベントは、同社が考えるボーダレスな未来へのビジョンをリアルに表現し、肌で体感してもらうために実施するもの。イベントでホンダF1マシンSTR13と共に展示されるのは次の通り。

ホンダF 1マシンと2020年に金メダルを目指す最新鋭の車いすレーサーが共演する

 まず、2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を⽬指し、⾞いす陸上の伊藤智也選⼿をテストドライバーに迎えて開発した最新の⾞いすレーサー「WF01TR」。そして、シーティングポジションやハンドリムを漕ぐ腕の⼒など、様々なパーソナライズされたデータを取得することができ、⾃分の最適解を導き出すことが可能なシュミレータ「SS01」。

ホンダF 1マシンと2020年に金メダルを目指す最新鋭の車いすレーサーが共演する

 そして、最後は専⽤のモーターを装着することで時速40kmの⾛⾏が可能な⾞いすモビリティ「WF01」である。今回は記念撮影会だけでなく、「WF01」の⾛⾏デモンストレーションも行なうという。

 なぜ、F1なのか? なぜ、⾞いすレーサーなのか? ⼆つのキーワードは一般的には遠い関係だと感じるかもしれない。だが、共に最先端のフィールドで技術を追求し、そこで⽣み出された技術は様々な形で私たちの新しい⽇常に落とし込まれている。その意味で、これら技術の数々が今後どう我々の生活に影響するのかを、直接触れて体感して欲しい。

ホンダF 1マシンと2020年に金メダルを目指す最新鋭の車いすレーサーが共演する

■実施概要
・日時 : 2019年10月15日(火)11:00〜21:00
・会場 : 六本木ヒルズアリーナ
      (東京都港区六本木6丁目9−1)
・内容 :「STR14」「WF01TR」「SS01」「WF01」の展示
     「WF01」走行デモンストレーション
        記念撮影会
・料金 : 無料


画像ギャラリー