新型ダイハツ・ロッキーが窪田正孝さんとともに東京・六本木ヒルズに現る! 「車レポ」に挑戦

新型ダイハツ・ロッキーが窪田正孝さんとともに東京・六本木ヒルズに現る! 「車レポ」に挑戦

布袋寅泰さんのギターをイメージしたコラボモデルも初公開

 東京モーターショー2019で先行公開され話題となった、ダイハツ新型コンパクトSUV「ロッキー」。その発売記念キャンペーン「新自由ROCKY DISCOVER TOUR」が、11月9日に六本木ヒルズ 大屋根プラザからスタート。会場では、実車が展示されるとともに、CMキャラクターを務める俳優・窪田正孝さんのトークセッションが行われた。

 窪田さんはキャンペーンテーマとなっている「新自由」について、「誰もが自由にメッセージを発信したりアイデアを出し合ったりして、挑戦できるようになったが、そこには責任も伴う」と、役者としての矜持を熱く語ったのち、「自分は小さい頃からクルマが好きなので、今回の企画に挑戦できるのは本当に嬉しい」と続いた。新型ダイハツ・ロッキー

 その後、窪田さんならではの視点でロッキーの感想を話す、食レポならぬ“車レポ”に挑戦。イメージカラーの「コンパーノレッド」をまとったエクステリアについて、「見たことがない色で格好良い。デザインも都会派なのにゴツくてワイルド。最近は女性もこういう男らしいデザインを好む人がいる」とコメント。

 さらに「小さいのにラゲッジルームは359リットルもの容量があり、しかも2段ラゲッジになっているので、下側には洗車道具がたくさん入れられる」、「バランスが良い、みんなのSUV」と興奮気味に語ったのが印象的だった。新型ダイハツ・ロッキー

 トークセッションが終了すると、CMソングを提供する布袋寅泰さんのギターをイメージしたコラボモデルを初披露。「HOTEI GUITARHYTHM VI TOUR 2019“REPRISE”by ひかりTV」のライブチケットが25組50人、ダブルチャンスでHOTEI×ROCKYのスペシャルDVDが1000人に当たるキャンペーンが12月10日まで実施されることが告知された。新型ダイハツ・ロッキー

 そしてイベント終了後は、ロッキーを一般公開。また会場内には、AR機能が組み込まれたフォトスポットが設置され、スマートフォンをかざすと窪田さんやCMに登場する宇宙人と記念撮影できたり、動き出すARコンテンツが楽しんだりすることができるようになっていた。


画像ギャラリー