欧米ほど普及しない本格的キャンピングカー、日本で所有するための意外な方法とは (1/2ページ)

欧米ほど普及しない本格的キャンピングカー、日本で所有するための意外な方法とは

キャンピングカー保有台数が11万台を突破! でも……

 キャンピングカーのビルダーやディーラーが加盟する団体「日本RV協会」によると、日本国内のキャンピングカー保有台数はここ数年右肩上がりで、2018年には11万台を突破。数字でもキャンピングカー人気が続いていることがよくわかります。

 とはいうものの、保有台数950万台を超えるアメリカを始め、550万台のヨーロッパ、100万台のカナダなどの欧米諸国に比べると、その差は一目瞭然。どうしてこれだけ大きな差がついてしまうのでしょう? その理由を考えてみました。

日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策

本格的なキャンピングカーとは?

 キャンピングカー普及の話をする前に、キャンピングカーがどんなものかよく知らない人のために、基本的な説明をしておきましょう。

 ここでお話しするキャンピングカーとは、簡易的なベッドやカセットコンロなどを積んだだけのクルマではなく、旅を快適に楽しむための装備を載せた本格的なキャンピングカーです。日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策

 車内で食事やくつろぐためのダイニング・スペースがベッドに早変わりするダイネット、コンロや水道、冷蔵庫を備えたキッチン、さらにテレビやトイレなどを装備したモデルもあります。エンジン停止時も車内を暖房できるFFヒーターや高断熱ボディを装備したキャンピングカーならば、冬のキャンプでも快適に過ごせます。日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策

 こんなに便利で魅力的なキャンピングカーですが、日本では街中はもちろん、キャンプ場でも欧米ほど多くは見かけません。どうしてでしょうか?

 

日本の住宅事情や道路の広さが障壁

 大きな問題のひとつに、日本の住宅事情が挙げられます。欧米と違って家の敷地が狭い日本では、駐車スペースに大きなキャンピングカーを簡単に止めることができません。

 国産キャンピングカーは、普通の駐車場にも止められる2×5mサイズに収まるよう設計されているタイプが一般的。それでも、例えばルーフにバンクベッド(就寝できるスペース)などを装備していると、立体駐車場などでは高さが合わないことも。買い物では、屋根なしの駐車場がないと停められないケースも考えられます。

 また、自宅駐車場前の道が狭くて出し入れが不便など、様々な理由で所有の障害になることがあります。日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策

 加えて、仮に駐車場に入れることが可能であっても、キャンピングカーだと大きすぎて日常生活では使いにくく、普段使いのクルマとの2台持ちを考えなければならないこともあります。

日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策

 ほかにも、観光地では周辺の道が狭かったり、キャンピングカーを止められる駐車場が少なかったりすること、キャンピングカー専用設備が整ったキャンプ場が少ないことなども、日本での普及を妨げている要因になっているのではないかと思います。日本で本格的キャンピングカーが欧米ほど普及しない理由と対策


画像ギャラリー