クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • ホンダが30代の令和ファミリーにクルマ内の会話を調査 子どもの98%が「ドライブ中に親と会話をしたい!」
カーライフ
share:

ホンダが30代の令和ファミリーにクルマ内の会話を調査 子どもの98%が「ドライブ中に親と会話をしたい!」

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: 本田技研工業

30代の既婚男女446名にアンケート調査

 本田技研工業は、クルマの中での家族のコミュニケーション状況を明らかにすることを目的に、「家族におけるコミュニケーションについて」と題したアンケート調査を実施。子供たちの約98%が「ドライブ中に親と会話をしたい!」と考えているなど、小さな子供のいるファミリーのリアルな姿が浮かび上がりました。

普段話づらい事も車内なら話しやすい

 今回のアンケート調査は、30代の既婚男女446名(男性222名/女性224名)に実施。対象となったのは全国で、2人以上の子供がいて、一番上のお子さんの年齢が3~9歳である30代の父親、母親とその子どもたちです。

 その結果ですが、まず、子どもたちに、「家で話すよりクルマの中の方が話しやすい話題」を聞いたところ、38.1%の子どもが「学校(幼稚園や保育園)であった嫌なことのお話」と回答。

 クルマの中という空間は、子どもたちにとって、普段は自分からは話しづらい嫌なことも口に出しやすいようです。

 そのほか、「学校の成績についてのお話」との回答が16.8%、「好きな男の子/女の子のお話」についてというのが15.0%という結果になりました。

 子どものアンケート対象年齢は3~9歳。クルマという環境でなら、親と異性の話もできてしまうなんて、とても興味深いですね。

親とクルマで外出するのが好き

 また、子どもたちに、家族みんなとクルマで出かけることについて聞いたところ、98.4%が「クルマでの家族のおでかけが好き」と回答(「とても好き」69.7%、「まぁまぁ好き」28.7%)。
 さらに、「ドライブ中にお父さん・お母さんと話がしたいか」との質問には、98.0%の子ども(98.0%)が、「クルマの中で両親と会話したい」と答えています(「とてもお話したい」57.4%、「すこしお話したい」40.6%)。

クルマの中では「心のバリア」が下がる?

 アンケートでは、ご両親に家族仲についても質問。結果は92.1%の親が「家族仲が良い」と回答しています。そこで、今度は車内のコミュニケーション状況に関しても調査しています。

 まず、クルマの中はその他の場所(スペース)と比べて「家族が会話しやすいと感じるか」という問いに対しては、75.8%が「会話しやすい」(「とても感じる」19.1%、「やや感じる」56.7%)と答えています。
 また、クルマの中での会話は、その他の場所(スペース)と比べて、「普段言いにくいことが言いやすくなる」と感じる親の方が50.4%(「とても感じる」13.7%、「やや感じる」36.8%)。この結果により、クルマの中だと心のバリアが下がる感じになといえそうです。

 通常、家族で過ごすスペースというと「家の中」が連想されるのですが、会話するスペースとしては「クルマ」の中も重要のようです。ちょっとした家族でのショッピングや習い事の送迎時の会話などもでクルマを使うことも、ひょっとすると家族のコミュニケーションに最適な場になっている方々が多いのかもしれません。

 ちなみに、車の中でよく話す気になるトピックスは、10分程度の会話では「幼稚園や保育園、学校であったことの話」が61.4%で最多に。一方、一時間以上車の中にいる際は、「お子さんの好きなものやことの話」が37.7%で最多という結果になっています。

クルマはファミリースペース

 調査では、子どもの成長において「家族での会話が増えた方が、明るい子どもに育つ」と思っている親が、半数以上の50.4%いることも分かりました。

 しかし、現実は十分に親子での会話の時間は取れていない状況であることも浮き彫りに。

 平日1日の親子で会話する時間を聞いたところ、「1時間未満」19.1%、「1時間~2時間」29.6%、「2時間~3時間」22.6%と続き、半数近くのファミリーが平日の親子の会話が2時間未満であることも分かっています。


 また、会話する時間が十分に持てない理由としては、「残業が多く、早い時間に帰宅できないから」「仕事で疲れて帰ってくると家事に集中してしまい、子どもの話を上手く聞いてあげられない」「下の子が小さく、そちらに手を取られてしまう」といった意見がありました。共働き夫婦が増える中で、平日は子どもと会話する時間が取れていない実情が判明しました。なお、父親と母親と比べた場合、44.8%が「母親の方が子どもと会話が多いと思う」と回答しています。

 家にいるときは、子どもたちはテレビやスマートフォンを見たり、親は家事などで忙しく動き回っていたり、実はなかなかじっくりと会話できないことが多いのでしょう。そういった意味で、クルマの中というのは、実は家よりも家族が一緒に会話を楽しめる大切な「ファミリースペース」であると言えそうです。

 

 

 

 

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS