クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • ダイハツTAFT(タフト)コンセプトを世界初披露!遊びに仕事にいい軽SUV
ワークスチーム
share:

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトを世界初披露!遊びに仕事にいい軽SUV

投稿日:

TEXT: 藤田竜太 PHOTO: Auto Messe Web編集部

ガンガン使えるタフな軽クロスオーバー

 ダイハツは東京オートサロン2020に、新型の軽クロスオーバー「TAFT(タフト)コンセプト」を世界初出展。このTAFT コンセプトは、2019年の東京モーターショーに展示したコンセプトカー「WakuWaku」の発展タイプ。実質、市販モデルといってもいい仕上がりとなっていた。

 軽自動車のエントリーモデルの一台で、コンセプトは「Tough & Almighty Fun Tool」。つまり、「タフでガンガン使える相棒」という位置づけのクルマだ。

前後シートでインテリアのデザインが異なる

 大きな特徴として、前席と後席のデザインが違い、ドアの内張りも前後で違うことが挙げられる。これはリアシートは荷室として使い倒すことが前提で、しっかり4人が乗れるようにしたうえで、リアシートを倒したときは、荷室空間として割り切って使えるカタチになっている。

 クルマの外から眺めても、前のドアの窓と後ろのドアの窓とはデザインが違い、前席はドライバーとパッセンジャーのためのスペース、後席は荷室という世界観がわかりやすく表現されている。

 バンパーの構成も独特で、中央部のボリュームのある部分を、黒の樹脂パーツでサンドイッチし、タイヤが目立つようなデザインで、クロスオーバーとしてのタフネスさを強調。

 マッドテレーン風(泥道の走破性の高い凸凹トレッド)のタイヤに、コンセプトカー用にデザインされたオリジナルのホイールの組み合わせも存在感がある。

乗る人の立場になって解放感と操作性の高さを確保

 シートに座ってみると、広々したガラスルーフに加え、Aピーラーも立っていて、解放感は格別。メーター類の色使いも新しく、機械的というか工具的なデザインを採用。アナログのメーターと液晶の情報を上手に組み合わせて、運転のしやすさも重視している。シートのホールド感もしっかりしている。

 ウィークデーから、週末のレジャーまで、アクティブに使い倒せるクロスオーバーとして、遊びの世界を広げてくれる一台になりそうだ。

 半年後の2020年の夏ごろ発売予定なので、ほぼこのままのカタチで登場するするだろう。

すべて表示
  • 藤田竜太
  • 藤田竜太
  • モータリング ライター。現在の愛車:日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)。物心が付いたときからクルマ好き。小・中学生時代はラジコンに夢中になり、大学3年生から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま編集部に就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。特技は、少林寺拳法。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS