クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • アクティブ感が満載の魅力的な「eKクロス」と「エクリプス・クロスが登場【東京オートサロン2020】
OUTDOOR
share:

アクティブ感が満載の魅力的な「eKクロス」と「エクリプス・クロスが登場【東京オートサロン2020】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: 佐藤 圭

実用性がたっぷりな2台

 1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に、三菱自動車は「eKクロス」と「エクリプス・クロス」をベースとしたカスタマイズ車を参考出品。ワイルドかつ実用性たっぷりな2台を早速チェックしてみよう。

 まずは「eKクロス WILD BEAST Concept」から。ボディはイエローとブラックを基調に、ルーフやテールゲートなどはブラック&グレーのカモフラージュ柄で、ポップでありながら野性味も感じられる配色だ。モチロン外観だけじゃなく走行性のも磨き上げている。タイヤはオフロードでの高い走破性を誇りながら、オンロードは静粛かつ快適なトーヨータイヤのオープンカントリーR/Tを採用。

 マッドガードやLEDフォグランプで悪路や街灯のない夜の山道も安心。室内には9型のワイドなナビゲーションや、汚れを気にせず使えるオールウェザーマットを装着する。キャンプやトレッキングを趣味とするユーザーに最適なモデルだろう。

 続いては「エクリプス・クロス 週末探検家仕様」を紹介する。探検家のようなマインドを持つアクティブなユーザーを応援する、三菱自動車のアプリ『週末探検家』とスマホ連携ディスプレイオーディオを使った、コネクティッドシステムが核となる。

 足まわりはエアフォースサスペンションジャパンで、ワイヤレスリモコンとアプリにより車高のアップダウンが可能。タイヤ&ホイールはトーヨーオープンカントリーR/Tと、レイズのチーム・デイトナM9を組み合わせ、走破性を高めつつ足もとを精悍な印象に仕上げた。また外装ではガーニッシュ類やエンブレムをブラック化したり、ベースキャリアのツヤ消し塗装など色使いのコダワリも見事という他ない。

すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS