新型フィット、手足の不自由な人のための運転補助装置「テックマチックシステム」を設定

新型フィット、手足の不自由な人のための運転補助装置「テックマチックシステム」を設定

操る楽しさ、走る喜びを新型フィットに

「ホンダアクセス」は新型フィット用に向けて、手足の不自由な人のための運転補助装置「Honda・テックマチックシステム」を4月16日から全国のHonda Carsで発売することを発表した。

 フィット用のテックマチックシステムは、「手動運転補助装置(Dタイプ)」、「左足用アクセルペダル(Bタイプ)」、「ハンドル旋回ノブ(Aタイプ)」と「左手用ウインカーレバー(Lタイプ)」、および各種サポートアイテムという構成となる。新型フィットの運転補助装置「テックマチックシステム」

 まず、両足の不自由な人に向けた「手動運転補助装置(Dタイプ)」は、左手だけでアクセル・ブレーキ操作が可能になるシステムで、コントロールグリップとハンドル旋回ノブを装備。コントロールグリップには頻繁に使うスイッチ類を集中配置し、握ったままでウインカー、ライト(ハイビーム/ロービーム切り替え)、ブレーキロックなど各種操作ができる。

 コントロールグリップの取り付け部をセンターコンソールに配置することで、広々した足元スペースを実現。シンプルな操作で、安定した姿勢で運転することができる。また、サポートアイテムとして、運転中にアクセルペダルやブレーキペダルの踏み間違いを防止する「ペダル誤操作防止プレート(Dタイプ用)」 も設定された。新型フィットの運転補助装置「テックマチックシステム」

 

 次に、右足の不自由な人に向けた「左足用アクセルペダル(Bタイプ)は、左足だけでアクセル・ブレーキ操作が可能になるシステム。左側に追加されるアクセルペダルとアクセルリンクにより、左足でのアクセル操作が可能になる。右アクセルペダルは誤操作防止のため固定されるが、固定ノブとスライドストッパーを動かすことで右足操作に切り替えることもできる。

 こちらもサポートアイテムとしてペダルに合わせた専用設計の「フロアカーペットマット(Bタイプ用)」がラインアップされた。

新型フィットの運転補助装置「テックマチックシステム」

 そして、片手の不自由な人に向けた「ハンドル旋回ノブ(Aタイプ)」は、片手でハンドル操作を行なう際、回転するノブで握り変えずにハンドル操作が可能。ノブは自由な握り方ができ、「左手用ウインカーレバー(Lタイプ)」を使うと、左手でウインカー操作が行なえるようになる。

新型フィットの運転補助装置「テックマチックシステム」


画像ギャラリー