日産の新型軽自動車「ルークス」 オーテックとライフケアビークルの2シリーズを設定

日産の新型軽自動車「ルークス」 オーテックとライフケアビークルの2シリーズを設定

ふたつのバリエーションを持つ福祉車両も設定

 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、新型の日産ルークス「AUTECH(オーテック)」と「ライフケアビークル(LV)」の2シリーズを発表。3月19日より全国一斉に発売を開始する。

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランド。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしており、創業の地である湘南・茅ヶ崎の海と空のイメージを持つブルーがアイコニックカラーとなっている。日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 今回、セレナやリーフなどに続く第5弾として設定されたのが「ルークス AUTECH」だ。エクステリアは、オーテックブランド車のアイコンともいえるドットパターンのフロントグリルを採用。ジュエリーのような丸みを帯びたデザインとなっており、プレミアムかつエレガントな印象を表現した。また、フロントバンパーに施したアクセントをはじめ、ドアミラーやアウトサイドドアハンドルにはシルバーを配色。専用デザインのアルミホイールの採用など、上質さと洗練さが目を惹くスタイルとなっている。

日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 インテリアは、ブラウンとアイボリーのコントラストのある2色をコンビしたもの。シート地、インストパネルにはレザー調素材を採用したことで、暖かみのある上質な空間を演出する。シートやインストパネル、専用カラーの本革巻ステアリングにはブルーステッチを施した。

日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 なお、ボディカラーは「アトランティックブルー」「アッシュブラウン」「ホワイトパール」それぞれに、ブラックのルーフを組合わせた2トーンカラーを含む、全9色を設定とのこと。価格は174万7900円〜188万2100円。

 

小さくても実用的なLVシリーズ

 一方の「ライフケアビークル」シリーズは、ベース車の広い室内空間を活かして、ファミリーユースを想定した『助手席スライドアップシート』のほか、福祉施設や病院のニーズに対応する「送迎タイプ」という2つのバリエーションを設定。

 助手席スライドアップシート仕様は、助手席が車両の外側に回転昇降(電動式)することで、クルマへの乗り降りが容易に可能。ゆとりのあるドア開口高によって背の高いユーザーでも頭上を気にせず乗降ができる。日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 一方の送迎タイプは、助手席側スライドドア部には握りやすい大型乗降用グリップ、後席用にも走行中に体を支えることができるグリップを装備。加えて、汚れが簡単に拭き取れる防水シートやラゲッジトレイを採用した。

日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 そのほか、乗車時に利用者の杖を容易に収納できる「杖立て」や、荷室に歩行器や車いすを固定できるゴムネットも標準装備。利用者の身体の状態に応じて選べるよう、オートステップや助手席スライドアップシートなどはオプション設定としている。

日産ルークスのオーテックバージョンと福祉車両のライフケアビークル

 少人数や住宅地の狭い道での送迎時に、利用者がスムースに乗り降りし、走行中もより安心して乗車ができるように工夫を施したルークスのライフケアビークル。助手席スライドアップシートのほかに、NV350キャラバンやセレナで好評を得る「送迎タイプ」を軽自動車に初めて設定したことで、その選択肢はさらに増えた。助手席スライドアップシート仕様は180万1000円〜207万1000円、送迎タイプは147万700円〜176万8800円となっている。


画像ギャラリー