クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 従来よりも高性能化! 自動車用バッテリーの平均寿命は「伸びた」は本当?
CUSTOM
share:

従来よりも高性能化! 自動車用バッテリーの平均寿命は「伸びた」は本当?

投稿日:

TEXT: 藤田竜太(FUJITA Ryuta)  PHOTO: Auto Messe Web編集部

バッテリーが正常でも「要注意」「要交換」と診断されることもある

 ただし、充電制御車やアイドリングストップ車は一般車よりもバッテリーが満充電になることが少なく、普段から放電気味になっていることが多いため、バッテリーが正常でも「要注意」「要交換」と診断されることがある。

 できれば、充電制御・アイドリングストップ車用の測定モードのある、最新式のバッテリーチェッカーで点検してもらうか、満充電にしてから測定してもらうようにしよう。なお、満充電にもかかわらずテスターで「要交換」という診断結果が出た場合、保証期間内であれば無償で新品バッテリーに交換してもらえる。(要注意は保証対象外)

 また、保証期間内にバッテリーを交換してもらった場合、残りの保証期間は、最初に取り付けたバッテリーの保証期限が切れるまでとなる。つまり36ヶ月保証のバッテリーを30ヶ月で交換した場合は、残り6ヶ月が保証期間となる。

12
すべて表示
  • 藤田竜太(FUJITA Ryuta)
  • 藤田竜太(FUJITA Ryuta)
  • モータリング ライター。現在の愛車:日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)。物心が付いたときからクルマ好き。小・中学生時代はラジコンに夢中になり、大学3年生から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま編集部に就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。特技は、少林寺拳法。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS