afimp Style up Car Contest 2020 【第295回 京都府 アシスト京都】 (1/2ページ)

afimp Style up Car Contest 2020 【第295回 京都府 アシスト京都】

BMW専門にメンテナンスやチューニングを
強力にサポートしてくれる京都のアシスト

 走り好きなBMWオーナーが集まる京都のBMW専門店アシスト。アシストが得意とするチュー
ニングの披露の場でもある岡山国際サーキットで開催されたスタコンの模様をお届けします。

※記号説明

(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

【BMW M235i】

坪山正義サン 57歳(大阪府守口市)

 前回、舞洲のimpカーニバルではアバルト124スパイダーで登場してくれた坪山サンがM2でスタコン初エントリー。295幅のタイヤを履くために装着したドライカーボンのオーバーフェンダーやイギリス製のドライカーボン製のボンネットやルーフなど見ドコロ満載。
 REVスピードの筑波スーパーバトルでは谷口信輝選手のドライブで1分ゼロ秒台を記録した機能面でも非凡なマシン。オーナーは冷却系を中心にまだまだこのM235iを深掘りしていく予定とか。

交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)(B) BMWパフォーマンス (D)ボルテックス (H)レカロ・プロレーサーRMS2600Aドライカーボン (J)ボルクレーシングZE40(10.5×18+20) (K)アドバンA052(295/30) (L)エンドレス (M)(N)クァンタムT3-CR (O)ラプター (P) BM3 (Q) M235レーシングオーバーフェンダー(ドライカーボン)、Edison製ボンネット&ルーフ(ドライカーボン) (S) OS技研LSD、TCD、フルピロ、エンジンオイルポンプ追加、コンロッドメタル強化、AIMデータロガーセンサー、PURE TURBO Sハイフロータービンキット・ステージ2、GruppeMエアクリーナー、VRスピードファクトリー・ダウンパイプ、WARGNERインタークーラー

【BMW M5】

藤田勝也サン 52歳(京都府京都市)

 ムッチリとした前後フェンダーが只者ではない雰囲気の藤田サンのM5。前後7㎝ワイド化には、フロントはアルミ素材のためもう一枚フェンダーを溶接加工、リアは叩き出しと絶妙な仕上げで通常265幅のタイヤが295幅までワイド化。美しい仕上げとサーキットもOKな軽量化で見事な一台です。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)ハルトゲ (H)レカロRS-Gオリジナル加工 (J)ボルクレーシングZE40 フェイス5 ASSISTオリジナル(11×18+37)(K)アドバンA052(295/35) (L)ブレンボ (M)クァンタムT3-CR AIR (O)ラプターエキゾーストシステムE600NA+オリジナルEXマニ (P)アシストオリジナルDMEチューニング (Q)前後バンパーフェイス&フェンダーワイド加工、Ericssonカーボンボンネット&トランク、ドライカーボンルーフカバー (R)ダッシュボードパネル・アルカンターラ加工 (S) SCHRICKカムシャフト、オカダプロジェクト・プラズマダイレクト、GOEKEカーボンエアボックス、GruppeMラムエアシステム、OS技研トラクションコントロール・ディファレンシャル、フロントテンションロッド&フロントロワアーム・ピロ化、リアサスペンションアーム・フルピロ化、リアメンバーフルリジット化

【BMW M4】

木村 滋サン 67歳(滋賀県大津市)

 E30・M3→E60・M5→E90・M3を2台→そしてこのE82・M4とBMWの歴代Mを乗り継いで来た木村サン。FISCOや鈴鹿、ここ岡山国際などサーキット走行も約10年のベテラン。年間7~8回は走り込んでいるんだとか。今回のM4の仕上げも厳選パーツでまとめ上げていて、お見事です! 交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)(C) end.cc (D)ボルテックス・タイプ2 (E)KMP (H)レカロRMS2600A (J)ボルクレーシングZE40(10.5×18/11×18) (K)アドバンA052(265/40:295/35) (L)エンドレス (M)クァンタムT3-CR(N)クァンタム (O)アクラポヴィッチ・フルチタン (P)VF HEXチューニング (Q)カーボンカナード (S)VF・インタークーラー/ヒートエクスチェンジャー/チャージパイプ、大容量DCTクーラー、3Dデザイン3連メーター(水温/油温/ブースト)、OS技研LSD、K&Nラムエアシステム

【MINIクーパーS】

兵頭孝士サン 39歳(滋賀県栗東市)

 今回の参加車両では唯一のMINIの兵頭サン。前後エンブレムやメッキのトリムなどをフルブラック加工。このコダワリのフルブラック化のため現状は敢えての純正ホイール。RAYS製の黒ホイールが見つけられたらそちらに履き替え希望とか。ワイパーレス跡にはLEDの光るアクセントがキラリ!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(H)レカロRMS2700G (J)純正(7×17+54) (K)ミシュラン・プライマシー3 (M)(N)KW・Ver.1 (O)レムス (L)BMS・JB4 (Q)ドアハンドル、フューエルリッドカバー、前後エンブレム、リアワイパーレス&LEDイルミネーション (S)GruppeMエアクリーナー、ハイスパーク・イグニッションコイルプレミアム&スパークプラグ

【BMW M3】

奥村博英サン 44歳(滋賀県大津市)

 同じ19インチながらノーマルから0.5Jずつワイド化させたボルクレーシングのG025ホイールがアクセントの奥村サンのM3。JRZ・RS2のショックは購入時から装着されていたものをオーバーホールして再利用しているとか。次はタイヤを自分好みのものに変更したいそうです。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(C)(D) BMWパフォーマンス (E) BMWパフォーマンス (J)ボルクレーシングG025(9.5×19/10.5×19) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ(255/35:275/35)(M) JRZ・RS2 (P) BM3

【BMW320i Mスポーツ】

本山貴之サン 57歳(大阪府吹田市)

 以前はアルピナB3で鈴鹿を走っていたという本山サン。今回のF30ではMパフォーマンスを中心にまとめ上げたとか。WARGNERのインタークーラーは「エンジンが濃密になる感覚」でそのフィーリングもお気に入りの様子。コンピュータチューンは燃費も良くてオススメらしいです!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)(B)(C) Mパフォーマンス (E)(F) Mパフォーマンス (G)ラプターwithフォーカル・トレードインスピーカー+ウーファー (H)レカロRS-Gアルカンターラ (J) BBS・LM-R DS(8.5×19+32/9.5×19+35) (K)ミシュランPS4 S(225/40:255/35)(L) Mパフォーマンス (M)(N) Mパフォーマンス (O)スーパースプリント (L) BM3 (R) Mパフォーマンス・インテリアトリム/サイドブレーキ/センターコンソール/フットレスト、STACK製3連メーター(水温/油圧/電圧) (S) オカダ・プラズマダイレクト、K&Nエアフィルター、FTPモータースポーツ・ブースト&チャージパイプ、WARGNERインタークーラー、GruppeMブレーキラインシステム

【BMW M3】

田中貴穂サン 41歳(京都府京都市)

 一見、黄色のような「アシッドグリーン」にオールペンされた田中サンのM3。セントラルや鈴鹿サーキットも走行体験済みで、ここ岡山国際は初走行なんだとか。あいにくの雨でしたがうまく楽しめました? レカロのRMSにCAEのウルトラシフターとスパルタンな装備も全体の雰囲気にハマっています。シフトの土台にはオリジナルのパネルを装着。なんとDIYだそうです。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)BMWパフォーマンス (D)ボルテックス (E)アシストオリジナル (F) CAEウルトラシフター (H)レカロRMS (J)ワーク11r(9.5×18+25) (K)アドバンA050(265/30) (M) BCレーシング車高調 (O)パワークラフト (S) aFeエアクリーナー

【BMW M3】

荒木優治サン 49歳(京都府京都市)

 「次はデフを変えてもっと馬力をあげたい」と語ってくれた荒木サン。スパルタンなこのM3で走る主戦場は鈴鹿らしく、サーキット走行のキャリアは約3年とか。3月にはラプターオリジナルのGTウイングもいよいよ装着予定。昨年8月のオーダーからずっと待った甲斐がありますね!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(A)(B)ラプター (H)レカロRS-G GK (J)ボルクレーシングTE37サーガ(10.5×18+20) (K)アドバン・ネオバ(265/35) (L)ブレンボGTキット+Rddローター (M)(N)ナイトロンNTR RACE R3 (O)ラプター (Q)VARISクーリングボンネット (R)シュロス・レーシングハーネス

【BMW Z4クーペ】

藤野雄太サン 31歳(滋賀県彦根市)

 「一番のお気に入りはシーカーのSXホイール」という藤野サン。スポーツカーにディッシュホイールのミスマッチな組み合わせが「たまらなく好き」なんだとか。エクステリアはこの丸っこさが好きなため現状をキープ予定。マフラーの左右4本出し加工もキマっていますね!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第295回を京都府のアシスト京都にて開催

(H)レカロRS-G (J)シーカーSX(18インチ) (K)ポテンザS007A+ネオバAD08R(225/40:255/35) (M)クァンタムQUAD-T5 (O)Eisenmann (P)アシストDMEチューニング (R)ドア内張り・白レザー張替え (S) OS技研スーパーロックLSD


画像ギャラリー