「結束バンド」を使った裏技も披露! 「スクーター女子」のD.I.Yタイヤ交換奮闘記 (1/3ページ)

「結束バンド」を使った裏技も披露! 「スクーター女子」のD.I.Yタイヤ交換奮闘記

時間がかかってもDIYをする喜びがある

 初めまして。自動車ライターとYouTubeで乗り物ネタを投稿している矢田部明子です。普段は、トヨタ・ランドクルーザー(76型)と原動付自転車のHONDA ZOOMER(ズーマー)に乗っています。

 突然ですが実は私、コロナ禍の今だからこそ自分でリアタイヤを交換してみました! 知り合いから譲り受けたZOOMERが私の手元に来たときはボロボロの状態。元々メカニズムに興味があった私は、少しずつリペア(修復)をしながら乗っていこうと思ったのです。ここ最近はどうすれば新車のように綺麗になるか頭の中がいっぱいです。

【関連記事】安い! 手間いらず! いまホイールの「ちょいイジリ」がジワり流行の兆し

スクーターのリアタイヤ交換を女性がひとりでおこなったレポート画像はこちら

 ランドクルーザーは燃費が悪く(リッター4キロ)、ここ最近はZOOMERが、もっぱらアシとして活躍中ですが、悲劇が起こりました。なんと・・・・・・リアタイヤがパンクをしてしまったのです。

 いろいろと調べた結果、交換しようと思ったら地味にお金がかかるということがわかりました。ZOOMERは他の原付とは違い、タイヤが太いため1本9000円くらいかかってしまいます。

 最初はお店でやろうと思ったので、どれくらいの値段で出来るのか大手チェーン店に電話すると…タイヤ本体の料金(9000円のタイヤを購入した場合)+工賃費+タイヤ処分料もコミコミで、1万4900円くらいかかりますとのこと。スクーターのリアタイヤ交換を女性がひとりでおこなったレポート画像はこちら

 タイヤをお店で購入せず、持ち込んだ場合は工賃として6600円かかってしまうとの事でした。カツカツの生活をしている私には高すぎるかもしれない……とそっと電話を切りました。

 またバイクは自転車と同じ駆動輪がリアなので、フロントタイヤに比べて減りが早く、その都度バイクショップに頼んでいたら高くついてしまう……ということで、自分で交換をしてみることにしました。スクーターのリアタイヤ交換を女性がひとりでおこなったレポート画像はこちら

 前置きが長くなりました。自分で出来るの? と思っている方もいると思います。そんな方にど素人でもなんとか出来たリアタイヤの交換手順を紹介します。

 スクーターによって組み付け方が違うので、工程は変わるかもしれませんが…基本的にスクーターのリアタイヤ交換方法は同じですので、参考にして頂ければと思います!

画像ギャラリー