「シルビアNISMOにサニーNISMO?」 ファンでも記憶から抜け落ち気味なニスモ車5選

「シルビアNISMOにサニーNISMO?」 ファンでも記憶から抜け落ち気味なニスモ車5選

量産車をベースにNISMOがチューン

 日産自動車直系のワークスチームとしてスーパーGTをはじめ、各種レースに参戦しているNISMO(ニスモ)。レース活動だけではなく、モータースポーツ用パーツや車両の開発、また製作及び販売も行っていて、日産の量産車をベースにNISMOバージョンのロードカーも手掛けている。そうしたNISMOバージョンの中でもちょっと異色の5台をピックアップして紹介していこう。

1)270R

 NISMO設立10周年を記念して、S14シルビアの前期型をベースに30台限定で製作されたコンプリートカー。コンピュータ、ハイカム、大型インタークーラー、吸排気系などのチューニングで車名「270R」と同じエンジンの最高出力は、270馬力までパワーアップ。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 タワーバー、強化ブッシュ、強化マウントなどボディ剛性を向上させ、オリジナルのサスペンションで、スポーティーなハンドリングとなった。ブレーキもGT-R純正の大径ローターを流用し、エクステリアもNISMOのフルエアロキット、インテリアにも一式手が入っている。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 R33GT-RベースのNISMO400Rというコンプリートカーがあったが、このNISMO 270Rはその弟版ともいえるだろう。新車の販売価格は450万円! 非常にレアな1台だ。

2)サニー305Re NISMO

 6代目サニー、通称「トラッド・サニー」のハッチバックベースのコンプリートカー。エンジンは1.5リッターのE15E型で、82馬力と非力だったが「306 TWINCAM NISMO」には、サニーでは初めてのDOHCエンジン=CA16DEが搭載された。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 前後のバンパーなどは専用のエアロパーツで、タイヤ(185/60R14)ホイールもサイズアップ。サスペンションはスポーティーにチューニングされ、スタビライザーも追加。NISMOのメーター、ハンドル、スポーツシート、フットレストなどが与えられたが、覚えている人は少ないだろう……。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

3)スカイラインGTS NISMO

 GTS NISMOは、7代目スカイライン=R31のスポーツバージョン。スカイライン生誕30周年モデルで、「2ドアスポーツクーペ GTS ツインカム24V ターボ NISMO」の名で、1000台限定で販売。トピックは当時、新開発のセラミックターボが採用されたこと。タービンの羽根を軽くして、ターボラグの少ない、レスポンスのいいターボを目指していた(パワーは180馬力)。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 このセラミックタービンは、のちにR32GT-Rにも採用されることになる。イタルボランテのステアリングやバケットシート、専用タイヤ(205/60R15)・専用リアスポイラー、専用バッジ、NISMOデカール、GTオートスポイラーなどがアイデンティティだった。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 GTS NISMOのデビューは1987年の2月で、その半年後、グループAのホモロゲーションモデルとして「GTS-R」(800台限定)、1988年にオーテックが独自のチューンを施した「GTS オーテックバージョン」、国内初の公認チューニングカー「トミーカイラ M30」などが発売される。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

4)セレナNISMO

 セレナNSIMOは、NISMOのロードカーとしては初めてのミニバン。ベースはC27の「ハイウェイスター」。ボディを補強し、スポーティーなサスペンションを与え、NISMOの名に恥じないミニバン特有のフワフワ感をなくした、切れのあるハンドリングを目指している。インテリアもバックスキン調の素材を多用し、赤のステッチや挿し色でNISMOらしさを表現。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 エアロパーツも少しだけ派手目で、揚力を低減させる本格的な空力チューン。タイヤやホイールも専用で、エンジンもECUと排気系チューンでレスポンスアップ。なかなか評判も上々だったが、2017年にデビューして2019年のマイナーチェンジで、カタログから消えてしまった……。

 人気のe-POWERとNISMOチューンあるいはNISMOブランドの相性が……という説もあるが、リーフNISMOだってあるわけで・・・・・・。いずれにせよ、短命に終わってしまった一台だ。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

5)パトロールNISMO

 日産パトロールNISMOは、UAE(アラブ首長国連邦)専用モデルとして2019年に登場した一台。パトロールは、日産のSUVトップモデル“サファリ“の海外モデルで、同車のベースは6代目のY62型。インフィニティQX80と共通設計で、中東諸国の富裕層をターゲットにした高級SUV。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 エンジンは、インフィニティM56用に開発された5.6リッターのVK56VD型(400馬力)。それをNISMOの手で428馬力にチューニングしている。サスペンションは、パトロール/サファリ史上初つの独立懸架=四輪ダブルウィッシュボーンになったが、パトロールNISMOには、ビルシュタイン製の専用ダンパーが与えられ、ホイールもRAYS製22インチ鍛造軽合金ホイールという特別な仕様。NISMOが手がけた意外なクルマ5選

 空力的にもNISMOのチューニングが加えられ、SUVながらゼロリフトを達成! プレミアムSUVにふさわしいハイパフォーマンスモデルになっている。国内では、スーパーGTシリーズの「FRO(ファーストレスキューオペレーション)」用の車両として日産から提供されているので、サーキットで見ることができる。

画像ギャラリー