救急車もレーシングカーも黄色いパトカーも! 特殊なトヨタ車を生み出す「TCD」とは (1/2ページ)

救急車もレーシングカーも黄色いパトカーも! 特殊なトヨタ車を生み出す「TCD」とは

3つの子会社が合併して2018年4月に誕生

 トヨタの救急車と、レーシングカーは同じ場所で作られているんだよ。そんな話を耳にしたことはないだろうか。それは紛れもない事実で、神奈川県横浜市港北区にあるトヨタカスタマイジング&ディベロップメントでは、救急車のような特装車両やGTマシンなどのモータースポーツ車両の企画・開発・生産・販売を行なっている。

 トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(以下、TCD)の設立は2018年4月と歴史は浅い。しかし、TCDはトヨタテクノクラフト、トヨタモデリスタインターナショナル、ジェータックスというトヨタ系のカスタマイズや特装車両を得意としていた3社が統合して生まれた会社なのだ。

 救急車やモータースポーツ車両を担当していたのはトヨタテクノクラフトで、その流れでいまもTCDの主力事業となっている。またトヨタモデリスタインターナショナルはコンプリートカーを生み出したこともあるカスタマイズに特化した組織で、ジェータックスはもともと海外のトヨタディーラー向けの用品や架装事業を担当していた。特別なトヨタ車を生み出すTCDってなに?

モータースポーツ・用品・特装の3つが柱

 このように3社のターゲットは被っていたこともあり、統合することにより各社のノウハウを結集し、さらにカスタマイズアイテムの開発力を上げようというのが狙いだ。そのためTCDのビジネスはモータースポーツ事業・用品事業・特装事業が3本柱。

 モータースポーツにおけるワークスブランドとしてのTRD(トヨタレーシングディベロップメント)は前身となるトヨタテクノクラフトから引き継いだもので、トップカテゴリーのマシン開発だけでなく、アマチュアが楽しめるラリーイベントの開催などトヨタ車で楽しむモータースポーツ全般をカバーする一大ブランドだ。特別なトヨタ車を生み出すTCDってなに?

画像ギャラリー