旧来のカスタム派も熱視線! いまSTI・GR・オーテックなどメーカー系コンプリートカーに注目が集まる理由

旧来のカスタム派も熱視線! いまSTI・GR・オーテックなどメーカー系コンプリートカーに注目が集まる理由

人気を集めるメーカー公式コンプリートカー

 トヨタのGRやニッサンのニスモとオーテック、ホンダはモデューロ、スバルならSTIと、各自動車メーカーに付随するチューニングブランドたち。これらのブランドからリリースされる市販車ベースのチューンドコンプリートカーが人気を集めている。その理由は、標準車に比べれば当然、車両価格は高くなるが、コダワリ派のユーザーにはむしろお買い得ともいえる内容となっているからだ。

コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

通常の新車同様にディーラーで購入できる

 これらのコンプリートカーは、内・外装の装飾やサスペンション関係、モデルによってはボディ補強やエンジンを制御するコンピュータのプログラム変更まで、専用に装備あるいはチューニングされている。もちろんディーラーで普通に新車を購入する時と何ら変わらず、肩肘張らずにオーダーできることも人気の一因だろう。

 さらにコンプリートカーの良いところはその名のとおり完成形で購入するため、まとめてローンが組めるので購入時の負担も少ない。またひとつひとつパーツを購入+取り付けという工程が不要なのでスピーディに完成車が手に入るのも魅力だ。メーカー直系のコンプリートモデルであれば新車保証がそのまま付いてくるので安心感も高い。

 ちなみにメーカー公式のカスタマイズとしては、例えばトヨタのTRDやモデリスタのように、あくまでもベース車両自体は標準グレードやエアログレードをベースにしながら自分で装着するパーツを選び、装着した状態で納車してもらうという、ディーラーオプション的なプランも用意されている。こちらの購入方法でも、保証やサービスに関しては一般的に新車を買う時と何ら変わらないので、気になるパーツやキットがあれば選択肢に入れてみると良いだろう。


コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

安心感に加えお買い得感もアリ

 そして、あとからパーツを付け足すのではなく新車の状態からカスタマイズされているので、相対的にお買い得感も高くなっている。例えばトヨタC-HRをベースにしてGRによるカスタマイズを施したS”GR SPORT”をみてみよう。ベースグレードであるSの車両本体価格が273万円なのに対して、S”GR SPORT”は309万5000円。その差はプラス36万5000円だ。コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

 この金額でボディ補強や専用サスペンション、ブレーキ強化などの走りの装備、さらには専用エアロやライトまわり、ホイールなどのエクステリア、加えてステアリングなどの内装パーツもまとめて装備されていて、しかも塗装代や取り付け工賃も込みと考えると、そのお得度はかなりのものであることがわかる。

 さらに支払に関しても、すべてがコミコミの価格で計算されているから明瞭な上、分割ローンも新車系ディーラーならではの低金利で組みやすいというメリットがあるのだ。
コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

個性を追求するならノーマル車からカスタム

 メーカーコンプリートカーに対し、カスタムされたクルマを楽しむもうひとつパターンが、ノーマル車両をあとからカスタマイズしていく方法だ。メリットはズバリ、“完全に自分仕様のクルマ”が作れること。エアロやホイールのブランドを自由に組み合わせたり、サスペンションのグレードアップやマフラーの交換など、自分が欲しいパーツをピンポイント&オーダーメイドでカスタマイズできる。オリジナリティを追求したいなら、コンプリートカーよりももっと個性的な一台を手に入れることが可能だ。コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

 近年はドレスアップやチューニング系のショップでも社外パーツを取り付けた状態のコンプリート販売を手がけるケースも多い。自動車メーカー直系であることにこだわらないのであれば、一度調べてみよう。コンプリートカーとノーマル車のチューニング それぞれのメリットと魅力

 カッコ良くカスタマイズされたクルマを所有する方法はさまざま。自身の理想にフィットするクルマを選んで、ノーマル車両では得られない特別感を手に入れよう。

画像ギャラリー