2816万円!! 限定36台!トムス「トヨタ・センチュリー」コンプリートカーを発表【東京オートサロン2020】

2816万円!! 限定36台!トムス「トヨタ・センチュリー」コンプリートカーを発表【東京オートサロン2020】

世界最高レベルの乗り心地と走る喜びを両立

 トムスは1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に、新型トヨタ・センチュリーをベースにしたコンプリートカーを発表した。快適性を高めつつファン・トゥ・ドライブも追求した、世界に誇る1台を紹介したい。価格は2816万円。

 1974年の創業からトヨタ車でのモータースポーツ活動を続け、その経験を市販車のパーツにも注ぎ込むトムスが、センチュリーのコンプリートカーを出展。エクステリアは小ぶりながら高級感をさらに高める、フロントバンパー、サイドステップ、リヤアンダースポイラー、トランクスポイラーを装着。

【関連記事】「22B」より激レアな「幻の限定車」! ちょっとやり過ぎのSTIコンプリートカー「S201」が今再評価されるワケ

東京オートサロン2020に出展したトムスのトヨタ・センチュリー画像はこちら

 特筆すべきはオーダーメイドシステムを採用したインテリアで、ファブリックやレザーといった素材を自由に選択でき、かつカラーやステッチのパターンも豊富に用意されている。ボディカラーに合わせたコーディネイトが自由自在で、日本の熟練した職人が製作するためクオリティも文字どおり世界トップレベルだ。東京オートサロン2020に出展したトムスのトヨタ・センチュリー画像はこちら

 また面白いのは、快適性だけを追求するのではなく、レースで活躍するトムスだけに走りにも妥協していない点。先に挙げたエアロパーツは意匠のみではなく空力もシッカリと考慮しており、4本出しの“トムス・バレル”マフラーでスムーズな排気も実現した。東京オートサロン2020に出展したトムスのトヨタ・センチュリー画像はこちら

 パッセンジャーシートでは最上の乗り心地を。そしてステアリングを握れば走る喜びを味わうことが可能だ。価格は2816万円~と、かなり高額ではあるが、ベース車(車両本体価格1996万2963円)の素性とカスタムの質と内容、限定36台というレア度を考えれば納得できる。デリバリーは2020年の夏ごろを予定しているという。

画像ギャラリー