SUVの流行でジワジワきてる「ホワイトレタータイヤ」の6つのギモン (1/2ページ)

SUVの流行でジワジワきてる「ホワイトレタータイヤ」の6つのギモン

ホワイトレター入門希望者に知っておいてもらいたいこと

 サイドウォールから浮かび上がるような白いロゴ──世の中のクルマの99パーセント以上は普通の真っ黒なタイヤを装着しているだけに、存在感が際立つホワイトレター。以前からオフロード系やスポーツ系タイヤの一部にホワイトレターが設定されてたが、ここ最近はそのラインナップが増えつつある。

「ジムニーやジムニーシエラ、デリカD:5、RAV4などのコンパクト&ミドル系SUVや、ハイエース向けのタイヤでホワイトレターをよく見るようになりました」とタイヤに強いカスタムショップ・エススタイルの菅原さん。

【関連記事】追加メーターはカッコだけじゃない! 水温・油圧・油温を正確に把握することでわかる愛車のコンディションとは

ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 目立ち度抜群のロゴはリフトアップなど足まわりにこだわったクルマと相性がいいし、クロカン四駆、アウトドア、USテイストといった雰囲気を手軽に出せるのもポイント。ノーマル車に履かせるだけでもお洒落に見える。ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 そんな魅力的なホワイトレタータイヤだが、あの白さはキープできるのか? もし汚れたらどうやって落としたらいいのか? 購入前に気になっている人も多いだろう。そこで、あまり知られていない汚れの原因やケア方法、ホワイトレターに関するトリビアなど、Q&A方式で初心者にも分かりやすく説明します。

【Q.01】「白い塗料は洗車したら剥がれたりしないの?」

 「たまに誤解している人がいますけど、あれは塗料ではなくゴムの色。だから洗ったくらいでは剥がれるものではありません」と菅原さん。タイヤのゴムといえば黒色が普通だが、実をいうと100年くらい前のタイヤは白かった(もしくは飴色)。

【関連記事】追加メーターはカッコだけじゃない! 水温・油圧・油温を正確に把握することでわかる愛車のコンディションとは

ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 「今のタイヤは強度や耐久性を高めるため、カーボンを添加しているから黒いのであって、それが入らないと消しゴムみたいに白いんです。ホワイトレターの部分はいわば『ゴムの素の色』です」と菅原さん。

 その素の色のゴムをサイドウォール部分に張り付けて作るのがホワイトレタータイヤ。張り付けるといってもきちんと一体化しているし、ある程度の厚みもあるので、普通に使っている分にはまず剥がれたりしない。ゴム+塗装だとヒビ割れが心配だが、そうしたリスクも低い。

【Q.02】「ホワイトじゃなくてブルーなんだけど何コレ?」

 ホワイトレタータイヤを注文して、いざ届いてみたら…あれ、文字が青い? それは不良品でもなんでもなく、ホワイトレター保護のためのコーティング。洗えば落ちるので心配ない。ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 「普通のタイヤは真っ黒なのであまり気になりませんが、ホワイトレターの場合は流通時に擦れたりして、ロゴ部分にキズや汚れが付くこともある。それを防ぐための保護材です」。

 水洗いでサッと簡単に落とせるのが普通だが、中には少々ガンコなモノもある。特に海外製のタイヤは、製造されてから日本に入ってきて実際に装着されるまで時間が掛かったりするため、落ちにくいことがあるという。ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 「簡易的なコーティングではありますが、時間が経つほど落ちにくくなる。水洗いでダメなら洗車用の洗剤か、台所の中性洗剤でもいいので、それらを使ってブラシで擦れば落ちるはずです。パーツクリーナーなどを噴きかけるのも効果的ですが、タイヤの油分を必要以上に落としてしまうのであまりオススメはしません」。ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

【Q.03】「だんだん茶色っぽくなってきたんだけど…なぜ?」

 最初は真っ白でキレイだったホワイトレターも、長く使っているうちに色がくすみ、徐々に茶色っぽく変色してくる。こうなると一気に古臭く見えてしまうのがホワイトレターのデメリットかも知れない。

 「茶色くなるのはタイヤの内側から染み出てくる油分が主な原因です。この油分はヒビ割れなどを防ぐ劣化防止剤(老化防止剤ともいう)で、タイヤには不可欠な存在。どんなタイヤにも配合されています。だから普通の黒いタイヤも茶色っぽくなってくるのですが、それがホワイトレターだと目立ってしまうわけです」。

 それ以外にも、悪天時や未舗装路を走れば当然汚れるし、路面から巻き上げる泥や油、ブレーキダストなども白さを失わせる原因となる。ホワイトレタータイヤのメンテナンスや購入・保管方法の解説をする画像はこちら

 「タイヤは地面と最も近く、常に雨風にさらされているパーツ。走行中は熱も持ちますし、非常に過酷な環境下で使われています。キレイさを保つのはなかなか大変です」。