2輪でも流行中のクロスオーバーモデルバイク! Honda「400X」がカラーリングを変更して今月末発売

2輪でも流行中のクロスオーバーモデルバイク! Honda「400X」がカラーリングを変更して今月末発売

ちらりと見えるシートレールもレッドとなり、より力強くアクティブな印象に

 ニューCBシリーズのクロスオーバーモデル「400X」。CBシリーズでありながらCBの名が付かないモデルで、そのデザインコンセプトは「Modern & Stylish」。ホンダのクロスオーバーモデル「400X」のカラーリングが変更されて2020年7月末発売される 大型の燃料タンク、専用のダブルシート、ウインドスクリーンなど、長距離移動も意識した独自の装備を備えたモデル。2013年の登場以来より個性的に、より快適に、と進化してきた。そして2019年にはフルモデルチェンジを受け、デザインの変更、そしてフロントタイヤを19インチにするほか、吸排気系の見直しなどが行われた。ツーリング用途をメインとするビギナーからベテランライダーまでユーザーも幅広いという。ホンダのクロスオーバーモデル「400X」のカラーリングが変更されて2020年7月末発売される スムーズで力強い出力特性の直列2気筒399ccエンジンを搭載した「400X」は、今回カラーリングの変更が行われた。まずシートレールをレッドに変更となった。ホンダのクロスオーバーモデル「400X」のカラーリングが変更されて2020年7月末発売される そして新たに採用されたのは、軽快な印象の「パールグレアホワイト」と、タンクシェルからフロントカウルのサイド部分のカモフラージュ柄をレッドとすることで、継続色ながら情熱的な印象を加えた「マットバリスティックブラックメタリック」の2色となる。

 価格は82万6100円(税込)で、7月31日(金)に発売される。

【詳しくはこちら】
Hondaお客様相談センター
◆0120-086819
https://www.honda.co.jp/400X/

画像ギャラリー