クルマ好きなら絶対ほしい「Aライ」の取得が想像以上に手軽! 「Bライ」飛ばしが可能なその方法とは (1/2ページ)

クルマ好きなら絶対ほしい「Aライ」の取得が想像以上に手軽! 「Bライ」飛ばしが可能なその方法とは

その気になれば誰でも取得できる JAFのAライセンス

 とにもかくにも「ワタシ、Aライセンス持ってますヨ~」という会話は、結構なレース好きやカーマニアに対しても自慢できるポイントだ。サーキット野郎(性別問わず)にとっては憧れのアイテム? であることは間違いない。

 Aライセンス(Aライ)とは、JAFの公式レースに出場するために必要な“モータースポーツライセンス”のひとつで、出場する運転者が取得しないといけない『ドライバーライセンス』のこと。Aライセンスを所有しているとレースに出場できるが、Bライセンス(Bライ)ではラリー、ジムカーナ、ダートトライアルのスピード行事までが出場可能となる。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 さて、ここでは、そのAライセンスを取得するまでの流れを、実体験をもとにレポートして行こう。

正直、お金も時間も必要だが、昔に比べると……

 もちろん人にもよるが、Aライセンスを取得するには、毎日の仕事に追われながらも会社を休むなどスケジュールを調整して講習会などに参加する時間をつくる必要もあるし、その講習費用や講習会会場までの交通費を考えると、サラリーマンの1ヶ月のおこづかいでは結構キツイものがある。そう、まずは、そこを乗り越えるモチベーションが大事で「俺(ワタシ)は、絶対にJAFのレースに出るんだ!!」という高い志が必要になってくる。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 けどその一歩さえ踏み出せば、Aライセンスを取得すること自体はそれほど難しいことではない。ようするに、その気になれば誰でも取得できるのがAライセンスなのである。峠でイチバン速いとか草レースに出ているとか、自動車の運転が上手いとか下手とかは別のハナシで、さらには競技の経験がなくてもAライセンスを取得することは可能である。

 かつては、Aライセンスを取得するにはBライセンスを取得して競技に一度出場し“完走すること”が最低条件だったのだが、いまはBライセンスなしでも、一足飛びにAライセンスが取れるようにもなっている。昔に比べるとハードルが下がっているようだが、BライなしでもAライが取れることをご存知ない方も案外多いようだ。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 そんなワケで「JAFの公式レースに出たい!!」という決意は固まった。今回は(1)サーキットも走ったことない(2)JAFにも入会していない(3)もちろんBライセンスもなしというケースを前提に、ここからの話を進めていくことにする。こういう人でも『Aライセンスは取れるんだ』という意味も込めて。

BライなしでAライセンス講習を受講するために必要な条件とは

 Aライを取得するための一般的な流れを簡単に言ってしまえば、全国の主要サーキットなどで開催されている“Aライセンス講習会”を受講し、座学→筆記試験→合格→実技走行試験→合格という順序。

 ここでBライなしでAライセンス講習会を受講するためには
(1)運転免許証
(2)JAF会員証
(3)スポーツ走行証明書
があることが受講資格になってくる。

 (2)のJAF会員証は、Aライ講習会の会場でもJAFへの入会は可能な場合もあるが、前もって入会しておくほうがスムーズ。ここで(3)のスポーツ走行証明書というのは少々説明が必要になる。

 Bライセンスがない場合でもAライ講習会が受講できる条件として加わったのが「JAF公認サーキットを50分以上走った」という証明書があること。これが(3)のスポーツ走行証明書になる。

 JAF公認サーキットで開催されている、いわゆるフリー走行などを走って、公認サーキットから走行記録証明書を発行してもらわねばならないのだ。※証明書の有効期限は発行日から24ヶ月以内と定められている。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 その「公認」というのがミソで、どのサーキットでもOKということにはならないので注意が必要。Aライ講習を受講するために必要な走行証明書は現在のところ十勝、SUGO、エビス、もてぎ、筑波、袖ヶ浦、富士、スパ西浦、鈴鹿、セントラル、岡山国際、阿讃、オートポリス。以上の各公認サーキットで発行してくれる。

 しかし富士や鈴鹿に限ったことではないが、公認サーキットでスポーツ走行(フリー走行)をおこなうには、サーキット独自が発行するライセンスを取得する必要がある。もちろん取得は簡単で講習を受けるのみ。ただし講習日が限られている場合もあるし、富士スピードウェイレーシングコース用のライセンスの取得料金は入会金1万3100円、年会費3万400円となり合計で4万3500円(税込)が必要。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 費用の高さに「ゲっ!?」と思う人も少なくないだろう。しかし、公認サーキットのなかには、スパ西浦モーターパーク(愛知県)のようにライセンスの受講料がなんと!! 無料というところもある。

 スパ西浦モーターパークの場合は、50分間のフリー走行(4輪)が平日5700円。Aライに必要な50分の走行が一枠でクリアできる。前もって「Aライ取るから走行証明書が欲しいんだけど……」と伝えておけば、発行の準備までしてくれるというありがたき幸せ。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

 手続き的には、ライセンス講習の開催日程を確認して、前日までに予約しておくぐらい。その日のうちに、走行証明書がもらえる。走行証明書はAライセンス講習会まで大事に保管しておこう。

 ちなみに参加できる車両はレースカーである必要はなく、純正の乗用車(軽自動車)でOK。車両規定を満たしていないオープンカーなどは走行できないので、不安な場合は問い合わせておいたほうが確実だ。むろん、走行時には長袖長ズボン、ヘルメットやグローブ、シューズが必要。

JAFの国内Aライセンス取得方法の紹介画像はこちら

画像ギャラリー