クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「昔のカスタム」じゃない! 「エアバッグ」も「スイッチ」も活かすイマドキ「ハンドル交換」が熱い
CUSTOM
share:

「昔のカスタム」じゃない! 「エアバッグ」も「スイッチ」も活かすイマドキ「ハンドル交換」が熱い

投稿日:

TEXT: 川島秀俊 PHOTO: WAGONIST編集部

「ステアリング」のカスタムでグレードアップ

 ドレスアップ派/チューニング派という趣向に関係なく、昔からインテリアカスタムの定番となっているのがステアリング交換。デザインやサイズ、材質を含めた握り心地というのはドライバビリティに大きく影響するため、自分が気に入ったものに交換すると運転そのものが気持ち良くなる。運転中、常に手が触れている部分だけに、こだわってみてはどうだろう。トヨタC-HRの社外ステアリング

かつては身近なカスタムだった

 エアバッグが普及していなかった昔は交換も簡単で、3千円程度の車種専用ボス(車両とジョイントするパーツ)さえ手配すれば市販のステアリングを気軽に装着できたものだ。もちろん、今でも車種専用のボスを使って同様のカスタムは可能だが、エアバッグキャンセラー内蔵のボスは約1万円〜と高価で、安全装備であるエアバッグを取り外す行為は時代に逆行するカスタムと言わざるをえない。エアバッグ非対応のステアリング

 さらに任意保険によっては、割り引き項目となる安全装備を外すことで保険料が値上がりする場合もアリ。ステアリングを丸ごと交換するというカスタムは、割り切った覚悟が必要なのだ。エアバッグ非対応のステアリングに交換したキューブ

 そうは言っても、廉価グレードの純正ステアリングなど、樹脂製で握り心地がイマイチなものをなんとかしたいと思っているユーザーは多い。手軽に装着できるステアリングカバーもあるが、握りが太くなった状態に違和感を感じてしまう。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS